デュアルワーカーのメリットとデメリット!独身メンズ歴4年の僕が語る

デュアルワーカーのメリットとデメリット

24歳のときにデュアルワーカーになってから早くも4年が経ちそうです。

それから東京と仙台を行き来していますが、デュアルワーカーになってから改めてメリットとデメリットが何なのかについてお話しようと思います。

これから多拠点生活をしよう
デュアルワーカーになりたい人

の参考になるかと思います。

デュアルワーカーとは東京と地方など2つ以上の拠点をもって生活をしている人を言うそうです。

デュアルワーカーになって4年

デュアルワーカーになってから4年が経ちました。

東京が2週間、仙台が2週間という感じで生活をしていますが、仕事が多いときや打ち合わせとかがあるときはずっと東京にいてたまに2ヶ月ぶりに仙台へいくこともあります。

仙台へ行こうと思ったきっかけはシンプルに息がつまってしまうからです。笑

もともとメンタルが強靭なわけでもないので、たまに休息の意味も込めて自然がある場所で静かな場所にいかないと、時間や忙しさに流されてストレスが溜まってしまう体質なんですよね。

地元が仙台ということもあって、ちまちま帰って両方で仕事を進めています。

デュアルワーカーのメリット

デュアルワーカーのメリットは

  • 地方(仙台)でのIT分野の仕事がもらいやすい
  • 休息の時間を得られる
  • アイディアが浮かぶ

です。

IT分野の仕事をもらいやすい

私の場合は仙台と東京で働いていますが、一度東京で揉まれると地方での仕事はもらいやすくなるように感じます。

これはあくまでも肌感覚の話なので、流していただいてもいいのですが、地方はやはりIT分野ではリテラシーが遅れています。

東京と比べて個人単位でのネットを使った販促などの知識は圧倒的に足りていないと話していて感じます。

逆にいえば、東京でIT分野で活動をしていて知識経験があれば地方での営業は簡単になるかと思います。

仕事としてライターをやっていますが地方のライターというだけで経験者の母数が少ないので、仕事をもらいやいのも事実です。

休息の時間を得られる

東京が息がつまらない人もいるとは思うのですが、私の場合は息がつまってしまって山手線でぎゅうぎゅうで密着とか。笑

そういうのは地方にいくとほぼありません。

むしろ車行動ですしね。なので、一休みができることも間違いありません。

デュアルワーカーをする人のほとんどが地方でのスローライフが目的のようで、僕もこのメリットがあるからしています。

アイディアが浮かぶ

デュアルワーカーだから、というわけではなくて、様々な文化にふれることで刺激があるし、需要がわかるのでアイディアが浮かびます。

東京の当たり前が仙台の当たり前じゃないし、仙台の当たり前が東京の当たり前ではないので、どっちかにアイディアや知識を持っていくだけで重宝されるかもしれません。

デュアルワーカーのデメリット

デュアルワーカーのデメリットは

  • お金は余計にかかる
  • 家庭がある人は現実的に問題が多い
  • 働き方は工夫がなきゃ無理

お金は余計にかかる

お金は余計にかかってしまいます。

これは必然的かもしれません。多拠点生活になりますと、その分住居も必要ですし、交通費もかかります。

そのため、デュアルワーカーになるなら片方はシェアハウスでもいいと思います。

同じように多拠点生活をしている者同士で借りればかなり安く住めるでしょうし。

シェアハウスって実は初期費用が安いだけで家賃は安くないので、気のしれた仲間がいれば何人かで割ればかなり安いでしょうね。

家庭がある人は現実的に問題が多い

家庭がある人は現実的に問題が多いでしょう。

なぜって、やっぱり奥さんがいる、子供がいるとなると、一人とは違って最低限度の生活水準を守らなければいけませんから。

私の場合は雨風しのげればいい程度なので低コストでいいですが、家庭があるとなると話が変わります。

ちゃんと夫婦間での話し合いが必要でしょうね。

お互いに都会にいることへの不満があって、それが地方での生活で解消するのであれば、やってみる価値はあると思います。

働き方は工夫が必要

働き方は工夫が必要です!

そりゃあそうなんですけども、会社員であればリモートワークにしないといけませんし、フリーランスであればパソコンでできる仕事にするとか。

東京でする仕事と、地方でする仕事を2つ作らないといけないとか。工夫が必要です。

私の場合はメディアの運営とライターだったので、誰とも人と合わずですすめることができましたが、そうともいかない人もいるでしょう。

具体的にどうすれば?ってのは職業別にちがうと思うので提案できませんが、働き方の工夫は必要。

デュアルワーカーをするなら積極的に仲間づくりをしよう

デュアルワーカーをするのであれば既にやっている仲間をつくるのがいいと思います。

すでにしている人は経験値があるし、遠隔、リモートでできる仕事を貰えるかもしれませんし。

実際にやってみて想像とちがうなんてこともあるでしょうから、前もって話を聴いてみるためにも仲間作りしてみるといいですね。

どうやって仲間を見つけるかっていうのはこういったブログやSNSで発信をしている人などに聴いてみるといいでしょう\(^o^)/

まとめ

デュアルワーカーのメリットとデメリットについてでした。

私は独身メンズだから特にデメリットがないのですが、女性であったり、家庭があるとなると障害が増えそうな気がします。

フリーランスであれば簡単ですが、社会人であれば土日だけ別の場所に住むなども増えているみたいです。

直接もっと話を聞きたいとならばいつでもメッセージください\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です