匿名で入金、出金振込するならゆうちょの振替口座|作り方や手順、持ち物など

そうだ!ゆうちょの振替口座を作ろう!(京都へ行こう的なノリでね)

というわけで、今回はゆうちょの振替口座の作り方について書いていきます。

ムネ

待て待て、なんか急じゃない?www

急かもしれないので、ちゃんとなぜ書くにいたったかを書いていきます。

話は長くなること1年前…

(長くなるならやめてもらっていいかな、て思っている人が多いと思うので、潔くやめます。)

ゆうちょの振替口座は匿名で送金、出金、送金ができる最強口座であった!

最近では、個人事業主の屋号の後ろにも、会社名の後ろにも自分の名前が乗ってしまうと聞きますから、どうしても相手に本名が伝わってしまうのですが、振替口座なら、完全に別の「団体名」をつけることで、名前をバレないように口座が作れるってわけですね。

  • パパ活している女子
  • パパ活している男性
  • やましいビジネスしている人
  • 名前バレたくない、ブロガー、アフィリエイター

などは役に立つのではなかろうか??

まあ脱税できるわけじゃないですからね。あまりにも多額のお金が入金されれば、「これ何のお金かな?」って聞かれるだろうから、悪さはできませんよ。

名前バレたくない人の救世主!振替口座の全容をお伝えします。

ゆうちょの振替口座とは

ゆうちょの振替口座とは何なのか?

送金や決済の利用に特化した貯金(振替貯金)の口座です。多くの方から各種料金・会費を集めたり、配当金・返還金などを渡したりすることが、振替口座を利用することで効率的に行えるようになります。

振替貯金に利子は付きませんが、預金保険法に定める決済性預金であり、預り金全額が保護されます。

※総合口座は記号・番号の記号が「1」から始まる口座、振替口座は記号・番号の記号が「0」から始まる口座です。

引用:ゆうちょ銀行

つまりは、送金や決済に特化した口座。

以上!

それ以下でもそれ以上でもない、なぜこの口座があるのかとか余計な考えをするのであれば、それはまた寝る前にやってくれ。

ゆうちょの振替口座のメリット

ゆうちょの振替口座のメリットは、ずばーり。

  • 名前がバレない
  • 名前がバレない
  • 名前がバレない

の1つです。

いやだってそのために作るんでしょ?3回いうほどのメリットですよね。

匿名で口座が作れるわけですから。

ゆうちょの振替口座のデメリット

ゆうちょの振替口座のデメリットは、

  • 手続きが結構面倒
  • 届くまで時間がかかる
  • 実体のない団体だと作れない

などがありますが、まともな理由で口座を作りたい人にとっては余裕だと思います。

ゆうちょの振替口座の代替え口座はないのか?

ゆうちょの振替口座の代替え口座はないのか、否か。

答えは否!

ありやせん。

私も他にないのか調べ上げましたが、1つも見つからなかったでございます。

恐るべしゆうちょ。ありがとうゆうりょ。

ゆうちょの振替口座の作り方、手順

ここまでは余談でしたが、早速作り方と手順について書いていきます。

①必要な書類

[郵便局で用意]

振替口座加入申込書一式

[持参]
  • 団体の運営規約
  • 団体の会員名簿(3名以上が分かること。住所、氏名が掲載されていること)
  • これまでの活動レポート
  • 運転免許証等の本人確認書類
  • 振替口座に登録する印章(印鑑/シャチハタは×)

②手続きで行うこと

振替口座加入申込書一式の記入、押印

払出店(お金の引き出し可能な郵便局)の設定
※大体は今手続きをしているこの郵便局で良いか?と聞かれます

運営規約、会員名簿、活動レポートのチェック&コピーとられる
※会員名簿はコピーは取らないでほしい旨を伝えたら確認だけで済んだ

本人確認書類の提示&コピーとられる

インターネットバンキングの申込

③待ち時間どれくらいかかるか

合計1時間。それよりも資料を作るのに数時間かかる。

待ち時間は10分くらい

申込書などの記入で10分くらい

諸々の書類一式を確認してもらうことで10分くらい

郵便局側の処理で10~20分くらい

④注意点

最近はマネーロンダリングや、犯罪等での悪用による振替口座の開設が多いらしく非常にチェックが厳しくなっています。

活動レポートで活動実績の提示したり、会員名簿を提示したりとある程度しっかり作った書類を用意しないと振替口座が開設できませんのでご注意ください。

振替口座からの現金の引き出しは、申込時に取り決めた郵便局からの引き出ししかできません。あまり足を運ばない郵便局に設定してしまうと引き出しに苦労しますのでご注意ください。尚、インターネットバンキングで、振替口座→個人口座に送金することも可能です。

振替口座への入金は基本「払込取扱票」での払込という位置づけとなります。払込票なしでATMのタッチ画面から単に「ピッピッ」とやって振込といったことが出来ないのご注意ください。

払込の仕方は、

– ご自身で郵便局にいって払込取扱票を記入して払込する

– 払込元から用紙を送ってもらい郵便局、もしくは払込取扱票の読み込み可能なATMで払込する

– ゆうちょ銀行の口座から振込する(ゆうちょ銀行口座からなら、月1回まで振込用紙なしで可能?)

などがあります。

⑤届くまで

申込から2~3週間かかる予定

です。


以上!!

資料を作るのが結構面倒くさいので、私の場合は知り合いにやってもらいました。てへぺろ

必要な方は代行して作ってくれる人なんかをココナラとかで探してみるのがいいんじゃないかな…

いそうな気がする。


自分で依頼を出すのもよし、そういった依頼を出している人から受けるのもよしかと。

面倒なことは外注で得意な人にやってもらいやしょう。

まとめ

ゆうちょの振替口座のメリットやデメリット、作り方、手順についてでした。

匿名希望の方にとっては救世主的である振替口座!名前がバレたくないなーって方はぜひ作ってみてね。

ただし、実体がない団体だと拒否られる可能性もあるからして、嘘をつくことはいけませんからねい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です