楽天モバイル(RakutenUN-LIMIT)が安い!メリットやデメリット、解約方法など

5 min

楽天モバイルから出ている、RakutenUN-LIMIT(楽天アンリミテッド)がキャンペーン中です。

楽天モバイル自体がまだまだ他有名キャリアに比べると新しいので、知らない点が多いのが不安だと思う人もいるでしょう。

今回は

  • 一年間無料って聞いたけど、損はないのか
  • どういったキャンペーンなのか
  • 解約をしたらお金がかかるのか
  • どこから申し込めばいいのか

など、気になる内容に迫ります。

RakutenUN-LIMITとは(概要)

RakutenUN-LIMITとは、楽天のプランの1つです。

楽天モバイルは2020年現在では、auとdocomoの電波を借りている状況ですが、楽天も基地局をもつことになったのが2020年4月はじめごろです。

だいぶニュースとなったので、聞いたことがある人もいるかと思います。

当時は、使える場所が少ない、と楽天の電波での契約を考えている人は少なかったように感じます。

現在では、使える場所が少ないといえど、届く範囲の人は、楽天経済圏でのメリットや料金の安さなどから契約をしている人もちらほら見かけます。

RakutenUN-LIMITのプランは簡単に説明をすると

  • 料金は2980円
  • 電話はアプリを使えば無料 ※一部有料
  • 通信制限なし

が特徴です。

他にも細かいものはあるかもしれませんが、携帯の電波のことを詳しくしったところで生活の役には立ちませんし、この程度覚えていればまず間違いなしです。

そして、現在RakutenUN-LIMITは一年無料キャンペーンをしています。

RakutenUN-LIMITの無料キャンペーンはいつまで

RakutenUN-LIMIT無料キャンペーンはいつまでやっているのでしょうか。

その答えは具体的にいつまで、と決められてはいません。

300万人まで無料

とだけ言われているので、急激に申込数が増えた場合、翌月には終了しているかもしれませんし、契約者数が一向に増えない場合は来年までやっている可能性もあります。

いつ終了するかはわからない

この抽象的でつかみどころのない期日が不安をあおり、登録を促しているとするのであれば、少し印象はよくありませんので、登録者数を毎月公開してほしいものですね…

まあ、やりたいときが、契約時ということで、気になったときにまだ無料かどうかを確かめてみるのがよいかもしれません。

楽天無料キャンぺーンが現在も続いているかどうかは、申し込み後の画面で

申し込み内容が『RakutenUN-LIMIT』と出ていて、
料金が『0円』となっていれば現在も続いているようです。

RakutenUN-LIMITのメリット

RakutenUN-LIMITにしようか、しまいか迷っている人は他キャリアに比べてどこにメリットがあるのかを考えてみましょう。

  • プランが安い
  • キャンペーンで1年無料
  • 無制限なので、容量気にする必要なし
  • 楽天ポイントが1倍増える(アンリミテッドである必要はない)

1つずつ説明します。

基本の料金が安い

基本の料金がかなり安いです。

他キャリアと比べてみればわかるかと思います。人によってプランは違うかと思いますが、基本プランとデータ通信のプランを合わせて3000円を切るキャリアはありません。

5000円近くはなりますが、かなり通信制限はされていますし、価格だけ見るとかなり優位です。

キャンペーンで1年無料

この比較はあくまでもメインキャリア(au、docomo、softbank)が比較対象であって、simフリー(格安sim)が対象ではありません。

価格だけでいえば、格安simはやはり群を抜いてやすいです。

が、しかし、ためしに一年間使ってみるのもありなのです。なぜかというと、現在キャンペーン中で一年の間料金がかかりませんので、使ってみて何か問題が生じるようであれば解約をすればよいからです。

無制限なので、容量気にする必要なし

データ通信が無制限です。

ただし、範囲が決まっているので、ご自身の家、地域が範囲内かは確認をしたほうがよいでしょう。

範囲外だとしても、5GBまではau電波を使えます。

楽天ポイントが1倍増える(アンリミテッドである必要はない)

楽天市場という有名なショッピングサイトで買い物をすると、ポイントが1倍プラスしてついてくれます。

楽天でよく買い物をする、という人は完全にお得です。

RakutenUN-LIMITのデメリット

RakutenUN-LIMITのデメリットは全くないわけではありません。

むしろわかりやすく他社と比べて大きくデメリットがあります。

  • 電話料金がかかる可能性あり
  • 楽天の基地局が対応していない場所が多い
  • データの速度や安定性は期待できない

上記は完全に考えられるデメリットです。
1つずつ解説します。

電話料金がかかる可能性あり

楽天アンリミテッド(RakutenUN-LIMIT)は独自の電話アプリを使うことによって電話が無料でつかえます。

ですが、全ての電話番号に対して料金がかからないのではありません。

国内であれば、電話もメッセージも無料なので、携帯電話同士であれば料金はかからないそうです。

ですが、国外の場合は、アプリを使わなければ料金がかかるので気を付けましょう。

また、0180ナンバーや0570ナンバーなどは料金がかかってしまうので、気を付けましょう。

[質問1]Rakuten Linkを使用したときの通話料金を教えてください

[回答1]Rakuten Link同士での通話であれば無料です。

相手側がRakuten Linkを利用していない場合、国内への発信は無料となりますが、海外への発信については、国・地域別従量課金となります。
※特番通話につきましては、一部有料となります

詳細については、「Rakuten UN-LIMIT料金詳細」の 「通話料金Rakuten Linkを利用した場合」をご確認ください。

[質問2]050ナンバーへの電話は無料ですか?

[回答2]Rakuten Linkからの発信であれば、無料です。

[質問3]誰にSMSを送っても無料で送信できますか。

[回答3]RakutenLink同士の送受信であれば無料です。
相手側がRakuten Linkを利用していない場合、国内への発信は無料となりますが、指定された66地域以外の海外への発信については100円/ 70文字(全角)となります。

[Rakuten Link]通話料が発生する番号を教えてください
(0180)(0570)などから始まる他社接続サービス、特番(188/189)への通話については、Rakuten Linkをご利用いただく場合も別途通話料金が発生致します。

引用:https://network.mobile.rakuten.co.jp/faq/detail/00001450/

対応していないエリアが多い

楽天の基地局、電波を発する場所はNTTドコモやaubyKDDI、ソフトバンクに比べると、天と地の差があるほどに対応していないエリアがおおいです。

なので、現状田舎と言われるような場所に住んでいる人は使えない、とおもったほうがいいです。

都心部や主要都市に住んでいる人であれば、対応しているエリアでしょうが、それ以外は絶対に確認をしたほうがいいです。

速度は期待できない

電波塔が少ないこともありますし、通信の安定性や速度はあまり期待をしないほうがいいとおもいます。

もちろん、対応エリアなのにも関わらず激しく不安定、遅いのであれば大問題なので、クレームをいれたほうがいいとは思いますが、有名キャリアと比べることは今はまだ難しいでしょう。

5GBの通信はau電波でつかえるわけですし、もともとそこまで電波を使う予定もない、という人は問題ないでしょうが、『無制限』を求めてRakutenUN-LIMITをつかうのは全くおすすめしません。

RakutenUN-LIMITのデメリット解決方法

デメリットの解決方法はいたって単純です。

電話料金がかかる可能性あり

決められた番号には自分からかけないを徹底しましょう。

慣れれば問題はありません。

楽天の基地局が対応していない場所が多い
速度は期待できない

こちら二つは電波自体の問題ですが、

エリア外であればau電波だけしか使えませんので、auの電波がとっているかを確認しましょう。

そもそも月のデータ容量が小さい人であれば問題はありませんが、大きく通信容量をつかう予定のある人はそもそもポケットワイファイなどの大容量プランにはいったほうがいいでしょう。

あくまでも、動画やゲーム用ではなくて、本来の携帯電話の用途であれば、楽天アンリミテッドはかなり優秀です。

デメリットはまだまだ隠し切れないとはおもいますが、現在キャンペーン中でポイントにて事務手数料や端末代金の一部(ほぼ全額)をキャッシュバックしてくれることもあり、

気になる人は試してみてもいい気がします。

なにせ、解約料金もかかりませんし、一年間無料なので、ためしにつかってみて選ぶ、ということに損は『手間』しかありません。

RakutenUN-LIMITの申し込み方法

RakutenUN-LIMITは楽天モバイルから申し込みが可能です。

プラン選択をすると、現在はアンリミテッドしかありませんので、勝手に選ばれるようになっています。

キャンペーン中になっているかどうか、0円になっているかの確認をするようにしましょう。

RakutenUN-LIMITの解約方法、解約料金

my楽天モバイルから解約をおこなえます。

RakutenUN-LIMITの契約を解約しても料金はかかりませんが、契約事務手数料や本体端末代金などは返金することはできませんので、ご注意ください。

[質問1] 解約方法について知りたい
[回答1] 「解約」についてはこちらからご確認ください。

※ My楽天モバイルから行えます:

  1. 「契約プラン」
  2. 「各種手続き」
  3. 「解約」
  4. 「アンケートに進む」
    アンケート回答後、解約が完了いたします。

[質問7] 解約料(解約金・違約金)は一切かかりませんと書かれてますが、満足しなかった場合、 新規や移行で発生した製品などの料金も返してもらえますか?
[回答7] 契約事務手数料の返金や購入製品の返品は承っておりませんのであらかじめご了承ください。

引用:https://network.mobile.rakuten.co.jp/faq/detail/00001544/

まとめ

RakutenUN-LIMITについて調べてみましたが、結構いいプランなのではないでしょうか。

これから5Gなど、電波のインフラ化がすすめば、基地局うんぬんを気にしなくてもどこでも早く電波をつかえる時代も近いとおもいます。

まずは無料で試せるというのは、さすが楽天といいますか、なかなかなキャンペーンですので、とくに手間があっても問題がない人は、

試してみてもいい気がします。

関連記事
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です