仮想通貨知らない人へ!いつかはやるかもしれないから基本的なことまとめた

7 min 14 views
仮想通貨

仮想通貨が儲かる!儲からなーいみたいな話を聞きます。

仮想中華ってブログ作りたい

うん、絶対はやらないからやめよう。

このブログ自体はやってないし。

あ、心が痛い。

仮想通貨のこと別に詳しくないんだけども、

やっている人が「今やらないと損をする!」とか言われることがある。

まじか!早くやらないと!

こうして騙されるやつを世間では「情報弱者」「情弱」と言います。w

どうせ、情弱です。今まで騙された総額200万くらい!お金を求め、お金に騙される。そう、悪いのは私だ!

お金は大事にしましょう。

というわけで、今回は仮想通貨についてです。

一般的な概要から、儲かるのか?
今やらないと損をするって聞くけど?
賢い投資方法ってあるのか?

についてを簡単に解説していきます。

※プロの投資家でもないので、鵜呑みにせずにフーンンンンんって感じで聞き入れてくだしゃい。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、暗号通貨とも呼ばれる電子マネーのようなものですね。

詳しく解説したいのですが、仮想通貨について細かく言及するのは、博士論文書いているわけじゃないしできません!

簡単にいえば、「相場が動くsuicaマネー」と思ってもらえれば大外れではないと思っています。

※外れていたら教えてくださーい。

ん?普通のsuicaとかの電子マネーとは違うのか?

ちゃいますねん。

例えばですが、

suicaは100円チャージしたら、1年後も100円分の価値しかありませんよね?

ですが、

仮想通貨の場合は100円分買うと、1年後には700円分の価値に膨らんでいる可能性があります。

[memo title=”MEMO”]実際に、仮想通貨で有名なビットコインが登場した2010年は0.074ドルだったそうです。そこからから2018年までの約8年間で、約2万倍以上になっています[/memo]

え!約二万倍ってことは、100円分買ってたらー200万円??

ヒィ!!!

ざっつらーいと!その通りです。

仮想通貨の増え具合はまさに錬金術。ハガレン?エドワードエルリック?

「ガガガガガガ!!」

(石ころ金に変わる)

bitcoinに限ってしか説明ができないのですが、「金」と同じ性質を持つという点でお話します。しかも合っているかは未知数です。(だってそんなに仮想通過興味ない)

仮想通貨の価値が上がる理由

仮想通貨で有名なのがbitcoin!

ビットコイン

見たことある人もいるはず!

bitcoinは「金」と似ているそうです。

どこがだ!色?オレンジと金?似てなくない?

似ている点は、世の中に出回る限界値がある点です。総量が2100万枚まで、と決められているんです。

なので、bitcoinは希少価値があるものと言えます。

非売品とか限定品とかって、売られている期間や、販売数に限りがありますよね。

だから欲しい人が増えれば触れるほど、プレミアがつくのが希少性と価値ってやつの関係です。

 

他は、需要があるから商品価値が高まるって原理と同じかと。

 

2100万枚掘り出すのは、数十年先と言われているらしいので、それまでは掘り続けられる

仮想通貨での取引や利用者が増えるので、

今まで以上に価値は上がるし、使っていない人が多い、経済圏がまだまだ小さくてこれから発展していくんだから、それまでは価値が下がらないんじゃないの?

ってのが仮想通貨の価値は上がる、下がらない理由かと!(金融お詳しい方はもっとしっかりと理論付けができると思います。)

価値が上がる理由は金と同様に上限がある、需要が増えると同時に相場を引き上げられる点です。

んでも別に1bitcoin、1円でもよくない?何でわざわざ価値をどんどん上げていくのかな?

まあ、そんなに甘くないよね〜。

 

先行投資する理由は、

「サービスの応援が目的の投資」「お金を増やすことだけが目的の投資」ですから。

 

発展のために、参入を増やすためにも、価値の引き上げが必要なのだと思います。

何を基準として上がっているのかは知らんですけどね!

 

モノではない仮想通貨の利用者数を増やすには、そういった仕掛けが必要なのだろうな。

経済論にお詳しい方HELP!w

なぜ仮想通貨が注目されているの?

仮想通貨がなぜ注目をされているのかについてですが、んーほとんどがノリと儲けるためでしょ!

え?みんなわかっていないの?わかって投資しているんじゃないの?

いやいや、私みたいに、上っ面の概要知っている人ばかりで、深く知っている人なんてほとんどいないですよ。少なくともネットには。

儲かるか儲からないかと、本に乗っているような内容しか書かれていませんからね。

すごい点は国が管理しないところ

儲けるためのものってなると警戒が強くなるのに、みんなで「存在意義」についてはうたわないあたりが、胡散臭さを増長させますよね。

まあ、それだけ結局儲かるのかって所に興味がある人が多いっていう証拠でしょうが。

 

私が思った存在意義としては、お金だけど国が中央管理をしていないんですよ!

通常「円」とか「ドル」って管理する場所があるでしょうが、仮想通貨の多くはありません。

(多くと言ったのは、中央管理しているコインもあるから)

なので、国の経済破綻とか心配する必要がない、海外送金で手数料が高くないという点があります。

あとは、送金までの時間がものにもよりますが早いとかね。

となると、いろいろとできることが増えるんじゃないかなーと思います。

海外に対して手数料がバカ高くてできなかったNPOや貧困層への寄付とかね。

まあ、そんなんはここから無限大にでてくるんじゃないかな。

仮想通貨の種類

仮想通貨ってめっちゃいろんな種類聞いたことあるんだけど、どれくらい種類あるんだろ。

仮想通貨の種類はめちゃくちゃあります。

細かいの合わせると1000種類以上!

その中でもまず覚えておくと、「ふーん」「へー」くらいの相づちはできるようになるので、2つ覚えておきましょう!

ズバーリ

  • ビットコイン
  • アルトコイン

です。

ビットコイン

ビットコインは先ほどいったアレですね。

ビットコイン

仮想通貨の源流とも呼ばれるもので、ビットコインの相場に合わせて他の仮想通貨の相場も動くみたいですね。

アルトコイン

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨を指します。

  • イーサリアム
  • モナコイン
  • ライトコイン

などなど。

1000種類以上のコインがあるようです。

仮想通貨って儲かるの?

仮想通貨って儲かるって社員にも勧められるんだけど!

って人、結構いるみたいですね。

結論

「儲かるんじゃないすかね!」

ヒィ!!

と思います。

んだって真新しいサービスで、やる人が多くて、これからも利用者数が増えるのであれば、

価値は上がり続けるだろうし。

何よりやっていない人がまだまだ多いので、今参入すれば先行投資メリットってのはあると思います。

それと、

相場の変動が大きくて、FXや株と違って1日中取引が可能な仮想通貨はデイトレード(1日で売りと買いを繰り返してお金を増やす)なんかもできるんじゃないかなと思っています。

[memo title=”MEMO”]20000円で買って、21000円で売る、みたいなのを繰り返す[/memo]

今100万円で買ったら、来年120万円になるかもしれないし、ならないかもしれないし。

絶対何てことはない。

え!でも儲かったって話している人多くない?

それな!

超基本何だけど、いいことあったことしか人って話さないのよね。

だから買っている人の結果論

「俺超儲かったwww」

「寝てるだけで金が増えた」

とかは、増えた人の結果論です。

多分彼ら、彼女らは、お金が無(消えたら)になったら大半は何も言っていないですし。

でも、やっぱり勝った時とか、嬉しい時って人に言いたくなるし、気持ちを人に共有したくなるもんなんですね。

もちろん、ちゃん〜〜〜〜〜〜〜と、長年投資をしていて着実な勝ちパターンでやっている人もいるでしょうが、盛り上がっている時期の参入したばかりの勝ちパターンなんて一年経てば変わっているかもしれません。

儲かった人が多いのは事実ですが、儲かった人がいるの仮想通貨は儲かるというのはビミョーに別軸です。

トキが流れていますからね。トッキー。

 

これ!本当勘違いする人多いからね!

まあ、僕は少なくともオリンピックまでは上がり続けると見ています。

理由は、マイニングの報酬の半減期が2020年だからですけど、ここでは語るまい。

仮想通貨の危険性は?

仮想通貨やったほうがいいじゃん!みんなやろうぜ!危険性はないんでしょ?

危険性としては、

  • ハッキングの可能性
  • 仮想通貨が消えないという保証なない
  • 調子乗るとお金なくなる

が考えられます。

ハッキングの可能性

ハッキングの可能性としては、最近でもありましたよね!

あーコインチェックって奴ね!あの人めっちゃ本出しているのにね。やっちゃったね。

取引所がハッキングされるってのは稀だと思いますが、何度かあるみたいですね。

[memo title=”MEMO”]取引所ってのは、お金と仮想通貨を交換するために取引をする所ね。コインチェックとか、ビットフライヤーとか、ザイフとかです。[/memo]

一般の人も気をつけないといけないのは「wi-fi」

インターネットの脆弱性とかを理解しないとハッキングされるリスクはあるのかなーと思います。

公共wifi(駅とか、スタバとか、コンビニとか)

を使ってクレジット入力とか、仮想通貨のやり取りとかはやめたほうがいいらしいですよ。

ヒヒイ!!!

(これ、やりたいがためにこの記事を書いたってのは内輪事情です。)

仮想通貨が消えないという保証なない

世の中に絶対なんてものないので、仮想通貨が消えないという保証はどこにもありません。

預けている、取引所がなくならないという可能性もどこにもないので、一夜で財産がすっ飛ぶ可能性だってありえます。

調子乗るとお金なくなる

投資の基本ですが、調子乗ると一瞬にしてなくなります。

俺も勧められたFXに20万円入れて速攻で消えて泣いた。

お金が増えるぜ!なんだ楽勝じゃん!とか思うのは禁物です。

投資家の間では超有名な人で「ウォーレン・バフェット」って人がいますが、

名言で、

その企業について論文を一本書けなければ株を買ってはいけない

ってのがあります。

同様に、論文をかけるほどの知識がなければ所詮は全て「運」などでどこかで尽きる可能性もあります。

今参入していて儲かる人の多くが、「読み」ではなくて「先行者メリット」と「資本力」であるのであれば調子に乗らないようにしたほうがいいと思いマッス。

仮想通貨を今やらないと損するの?

今やったほうがいいのかな?

って思う人が増えているようですが、

お金増やしたいならやればいいんじゃないでしょうか!

損する理由が一つもない

そもそも買わないのに、損のしようがない。

得もなくて、損もなしです。

イメージしてください。

 

仮に、世の中がお金を持ち歩かなくて、仮想通貨で決済をするようになったとしましょう。

そうなってから買えばいいんです。

だってそしたら、価格変動とか気にせずに、価値が落ち着いた頃に100円で100円分を交換できて使えますし。

なぜ今買う必要があるのでしょう。

仮想通貨というサービスを世の中に広く復旧させたい理由がある人以外は、資産運用の一つの選択肢としてやればいいんじゃないでしょうかね。

 

だから、「お金を増やしたい人」がやればいいと思います。

 

早くやらないやつはバカとか煽ってくる人は、早くやってほしいからです。

なぜ、早くやって欲しいのかというと、

仮想通貨には、紹介料があります。

取引所に登録してもらうだけで「3000円」入金や取引をして貰えば「数万円」もらえる紹介プログラム、アフィリエイトプログラムですね。

ともあれば、煽りたくもなります。

お金欲しさに煽るのは正直ナンセンスな種族ではありますが、別に悪いものを勧めているわけではなくて、本当に儲かるからやって欲しいという人も中にはいます。

自分が儲けるためだけに言っている人もいますが、それだって人の性(サガ)ですしね、否定はできません。

賢い投資方法、安全な投資方法ってあるの?

賢い投資方法とか、安全な投資方法とかってあるのかなーとも思いましたが、正直安全なんてものはナイチンゲールですね。

リスク=安全かどうかわからない、不確定要素が多い(経済学では)

リスクがあるから、やる人が少なくて、先行者(先にやる人)がい流。

だから儲かるわけですから、安全ってのはないでしょうね。

 

賢い投資方法は資本(お金)があるなら、仮想通貨だけではなくて、別の資産運用に回してみればいいんじゃないかなーとも思います。

クラウドファウンディングとか、不動産投資とか、株とか、世の中いっぱいあるし。

お金の勉強めんどいって人は、ファンド(お金を投資する先を決めてくれる)に預ければいいでしょうしね。

あとは、何かが起きても日常生活にダメージがない程度の投資をするのが賢いやり方なのではないでしょうかね。

まとめ

私も金なくて1日1日を必死に過ごしているから、投資とかいう概念がなかった

貧乏性が性に合うって人もいますし、お金は必要だけども人生を豊かにする本質的なものではないとは思う。

もちろんお金自体が人が感じる幸福指数的なものと比例するかどうかは賛否両論ですが、研究論文では100万以上の資本がある場合はお金は幸福度に比例はしないそうなので、なんか「お金があれば」と思っている時点で問題発生な気はしますね。

お金は幸せにはしてくれない。

でもちょっとしたハッピーは産んでくれるかもしれない。

ハワイで遊んで暮らしたいとか私は全く思わない。

え、別に日本快適。

旅ってたまにするから良いのだと思う。まあ人それぞれ。

ワイハー行きたい(ハワイね)

えーんど

この記事を書く前に読んだ本

 

佐藤

佐藤

クジャクは雑食で人間すらも食べると言いますね。ですが、姿かたちは美しい。私もそんな人間でありたい。(どういうことだろう。)

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です