グルテンフリーの意味、ダイエット効果は?むしろ危険?含む食品は?

グルテンフリーとは

最近きくのがグルテンフリー!

ダイエットを志したり、健康志向で生きようと思った方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

僕自身も3年前ほどにグルテンフリー志向になりました。なので、グルテンフリーによる、ダイエット効果や健康になったかの口コミ評判としても参考にしてください。

それと、

そもそも、グルテンってなんで体に悪いの?

太る原因って何?

グルテンが含まれる食材には何があるの?

などについてまとめましたので、これからグルテンフリーを考えている人、グルテンの健康への影響に興味がある方は参考にしてください。

 

では、いっきまーす。

 

グルテンとは

 

グルテンはみんな知っている麦などの穀物から生成されるタンパク質の一種で、グルテニンとグリアジンが網目状につながったもの、のようです。

小麦を使った食べ物を作る上で、重要な要素になっていると言われています。

グルテンが含まれている食材一覧

グルテンが含まれている食材
  • パン、ライ麦パン、黒パン
  • 小麦粉、ライ麦粉
  • パンケーキ、ホットケーキ
  • ドーナツ、スコーン、マフィン、クッキー
  • そのほか、焼き菓子やスナック菓子全般
  • ケーキ類
  • ピザ
  • パスタ、スパゲティ
  • スープ類
  • コーンフレーク、シリアル
  • シチューやカレー
  • ラーメン
  • そば(十割そば除く)、うどん
  • そば粉(つなぎに小麦を使用)
  • フライの衣、てんぷらの衣
  • ハンバーグ(つなぎにパン粉を使用)
  • たこ焼き、明石焼き、お好み焼き
  • あんまん、カレーまん、中華まんなど
  • 餃子、焼売、ワンタン
  • 各種ソース
  • ドレッシング
  • しょうゆ
  • スパイス(固着防止剤としてグルテン使用)
  • 加工食品や食肉加工食品(結着材に小麦を使用)
  • サプリメント(カプセルの結着剤に使用)
  • 化粧品(たんぱく加水分解物として小麦を使用)

などが考えられます。

一部含まれていない可能性もあるので、自分で一個一個調べましょう。

サプリメントのカプセルにも入っているのか!w

健康のために飲むものが、健康被害の元になる。

ミイラ取りがミイラに的な…

グルテンが怖い理由

 

ズーバッリ!

グルテンの怖さは健康に引き起こす被害が大きいという一面があります。

グルテンを食べることで、健康被害があるという研究はたくさんあるようです。

グルテンが引き起こす健康被害として、

健康被害
  • 節々の炎症
  • 胃腸障害
  • 脳への血流を減少させる
  • 環状線機能を妨げたりする

自己免疫疾患などの問題を引き起こす可能性もあると言われています。

MEMO
自己免疫疾患とは、簡単に解説をすると、本来であれば、外部からのウイルスなどを攻撃するはずの免疫が自分を攻撃してしまう。という症状です。

炎症のメカニズム

グルテンを食べると、腸にある細胞の間に隙間が出てしまうとのこと(ゾヌリンという隙間をコントロールする物質)

隙間ができてしまうと、その間に、最近や未消化の食べ物、経口から入ったカビ毒などが侵入をしてしまい、血液を通して、全身に炎症を引き起こすのだとか。

ひどいのは、これらの健康被害の症状はグルテンを摂取してから、最大で6か月間も続くことだそうです。

小麦粉に含まれるグルテンが太る理由

 

グルテンを含有する食べ物の中には、中毒性があると言われています。

それが、グルテオモルフィンというものです。

グルテオモルフィンは、グルテンが腸で分解されることでできる化合物です。

この化合物は、アヘンに近い作用があり、ヘロインと同様に、脳の受容体を刺激するのだそうです。

すると、どうなるか。

食べ物、グルテンを欲すようになります。

グルテンが含まれている食品を見るたびに欲するようになり、意識が散漫になり、食すようになります。

薬物にたとえて考えてください。

一度口にした食べ物(薬剤)はなかなかやめることが難しくなります。

やめる手段は一つ、1日一切れ(一度)ではなく、

完全に食べない(やめる、吸わない)ことです。

グルテン、恐ろしい。

グルテンフリーとは

では、逆にグルテンフリーとは何か?

グルテンフリーとは、グルテンのように、小麦に含まれる成分名ではなくて、グルテンを含まない、という意味を持っています。

もともとは、セリアック病や小麦アレルギー、小麦の消化や代謝不良等を改善するための食事療法の中で取り入れられていたようです。

セリアック病とは

セリアック病はグルテンが引き金となった自己免疫疾患のことを言います。

グルテンフリーの食材一覧

 

グルテンフリーとは、成分ではなくて、グルテンがFREE(入っていない)という意味なので、グルテンを含んでいない食べ物ということになります。

巷でいうグルテンフリーダイエットとは、つまりグルテンを含む食材以外を食べて生活をしよう!

ということですね。

ちなみに、食べ物は意外とたくさんあります。

グルテンを含まない
  • 白米
  • 玄米
  • ビーフン
  • 春雨
  • そば(十割)
  • 雑穀(あわ、きび)
  • 芋類 肉
  • ハム
  • ソーセージ
  • ベーコン
  • 魚介類
  • 豆腐、納豆
  • 野菜
  • 豆類
  • こんにゃく
  • 海藻
  • きのこ
  • 米味噌
  • 純米酢
  • 片栗粉
  • くず粉
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • バター
  • 生クリーム
  • 牛乳
  • ナッツ類
  • ココナッツ
  • タピオカ
  • チョコレート
  • メーブルシロップ

 

などがグルテンは入っていない食べ物です。

グルテンフリーの効果は

 

ダイエットという一面からすると痩せる確率が高いでしょう。

何故なら、現代人の食べ物からグルテンを含む食事を抜くと、外食がほとんど消えるからです。

太っている理由は各々違うので、一概に言えませんが、食生活が正される可能性が高く、食事が原因で太ってしまっていた人は痩せるかもしれません。

ですが、

極論からすると、グルテンフリーの効果として、体にいいとは僕は思っていません。

何故か。

食材の安全性は非常に不透明で、市販で買うものにも、表記されていない成分があるからです。

特に遺伝子組換え食品はあまり騒がれてはいませんが、奇形児を生んでしまう原因となるとも言われています。

なので、グルテンフリーにしたから健康だ。というのは大きな間違いです。

 

グルテンをやめている

健康

ではなくて、

グルテンをやめてみる、をきっかけに食事を気にする。そして健康志向になり、自分にあったスタイルを探して実践する

健康に近ずく

 

だと思っています。

健康の定義が曖昧なので、自分にあった快活に生きるためのスタイル確率が「健康」だと思っています。

 

ただグルテンフリーにするのはむしろ、危険かと。食べ物を口にしなくなるからです。

大事なのは食材に気を使うことだと思っています。

小麦には中毒性があると言われているようなので、やけに小麦を取りすぎるなんて人は、やめてみてもいいかもしれません。

ですが、そのせいでストレスを溜め込んでしまえば、ストレスが原因で身体を壊してしまい、別の病気にかかってしまうでしょう。

ストレスフリー

グルテンフリー

は試してみてもいいですが、ストレスを感じる場合は、やる意味があまりないかと思います。

ストレスを感じるということは、自分にとって、やる意味がない時が多いので、何のためにグルテンフリーにするのか。と再度目的の確認をしたほうがいいです。

僕は目的の認識の繰り返しで、食生活を見直して、プチ断食をしていました。

断食ダイエット断食ダイエット3日間の効果は?やり方、方法、注意点は?僕の体験談から解説

そうすれば、

小麦の中毒にやられているんだ!今日1日はやめるぞ!と喫煙をやめる感じで、やめられます。

徐々に日数を増やしてみてはいかがでしょう。

自分が食べているものは自分で決めよう

 

グルテンやグルテンフリーについて、怖さや効果について知っていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

僕は一部をお話ししましたが、調べれば調べるほど、いろいろと出てくるはずです。

なので、調べる前に一つ。

格差社会なので、低所得である僕とかは、自分が好きで選んでいる食材だけで生活をしていくのは結構難題だと思います。

全員が裕福で、天然の野菜やグルテンフリーで食生活をしていくことは難しいかもしれません。

僕はグルテンの怖さを知って、自分が食べているものを気にするようになりました。

結果として、僕はグルテンフリーにしたからと言って、痩せてはいません。

なので、ダイエット効果はなしです。

ただ、

自分が食べているものに対していかに無知だったかを知りました。そして金欠の中でも、お金のやりくりをして、脱グルテンをすることで、体調は前よりもよくなった気でいます。あくまで気ですが。笑

体を壊してしまっては、病院代や入院代がかかったから、結果的にプラスだ!と楽観的に考えています。

食事を気にしなくとも生きていけるかもしれませんが、ダイエットがしたい、健康に生きたい、など目標がある人は一度試してみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です