コレは使う!?韓国語フレーズ!覚えておくとグッと便利な単語9つ

3 min

流行りに流行っている韓国ですが、いざ旅行に行こう!

となった際に

『あれ?あまり韓国語知らない。。。』

でも

『なんとかなるっしょ!』

っとお思いの方も多いでしょう。

(実際なんとかなります。笑)

が、知っておいて損はありません。海外旅行の楽しみは、その国の文化や景色、食べ物はさることながら、現地の人とのコミュニケーションをはかることも楽しみの一つと言えるのではないでしょうか?(*´▽`*)

というわけで、今回はソウルへ旅行をした際に覚えておくといい、韓国語フレーズ!いってみましょう~

ソウルへの旅行中に覚えておくといいフレーズ

いく場所がアイドルを見に行くともなると、覚える言葉は業界の言葉まで覚えなければいけないこととなるかもしれませんが、今回は日常的に使いそうな言葉に厳選してみました。

え~覚えるの苦手なんだよな~という方も、あ!これなら聞いたことがあるから覚えられる!と思うかもしれませんので、ぜひざっと目を通してみてください。

こんにちは:안녕하새요(アニョハセヨ)

誰もが聞いたことがあるに違いない、キングオブ韓国語、それが『アニョハセヨ』ではないでしょうか。

なにごともはじめはあいさつからですね。

24時間いつでも使えるフレーズですし、お店に入った時にも使えます。

この日本人ええやつやな~と思ってもらえれば、タクシーやお店でまけてもらえるかも…

ありがとうございます:감사합니다(カムサハムニダ)

感謝を伝えたい、そんなときに使うことば『カムサハムニダ』ですね。

よくネタで、パンニハムハサムニダ、と言われている言葉なので、馴染みのある単語ではないでしょうか。

お店で、ホテルで、空港で、どんな時にでもカムサハムニダーっと笑顔でいっていれば、旅行中のトラブルはぐっと減るはず。

すみません(呼びかけ):저기요(チョギヨ)

ちょっとすみません!と誰かを呼びたいときに使うのが『チョギヨ』です。

いくら準備をしていても、旅行中にわからないことが起きるなんて当たり前です。

そんなときに、突然声をかけるのは勇気がいることでしょう。

チョギヨ~と声をかけて、笑って返してくれる親切そうな人だけ相手にすれば緊張も少しはほぐれることでしょう。笑

はい:네(ネー)いいえ:아니요(アニヨ)

はい、といいえ、を覚えておけば、質問をされたときもなんとなく会話が続けられます。

はい、は日本語の『ええ』にも似てるので、同じ感じで『ねー』とこたえましょう。

いいえはアニョなので、覚えておけば、こたえられるでしょうが、いくら英語がわからないというい人が相手でも、『NO』くらいは知っているでしょうから、自信がないなーってときはNO!NO!でもいいと思います。笑

おいしいです:(マシッソヨ)

おいしい!を現地の人に伝えたいときに使える『マシッソヨ』

韓国の食べ物は日本人の口にもあう濃いめの料理が多いので、マシッソヨまみれになることでしょう。

いくらですか?:얼마입니까?(オルマイムニカ?)

買いたいものがあるときに使える言葉、『オルマイムニカ』があれば、買い物もはかどることでしょう。

基本的に韓国での100は日本での10なので、100Wと書いてあれば、ざっくり10円と考えればよいです。

政治の状況によって、前後差はありますが、コスメやファッションは日本で買うよりも安いので、ショッピングに行かれる人も多いでしょうから、覚えておくとよい単語ですね。

発音が微妙で伝わらなければ、『HOW MUCH(ハウマッチ)?』でもよいでしょう。

これをください:이걸로 주세요(イゴロジュセヨ)

韓国はタピオカの発祥地で、ソウルにいったらココに行きたかったの!って人も多いでしょう。レジでかっこよく、『イゴロジュセヨ』って言えたら韓国っぽくてかっこいいかも?

日本人観光客が多くて、韓国の店員さんも韓国語がわからないんだな~と思えば、英語で対応してくださり、日本語で話しかけてくれる人もいます。

メニューの文字が読めなくても、絵や写真を指差して、『イゴロジュセヨ』といえば、間違いないですね。笑

お会計お願いします:계산해주세요(ケサンネジュセヨ)

ソウルでたっぷり、お肉を食べたら、次はスイーツへ。『ケサンジュセヨ』とお会計をお願いしましょう。

こんなにいっぱい食べたのに、たった10000Wなの?と驚くことも多いでしょう。

1000Wもお札なので、実質100円がお札になっている感覚に、慣れていない人はお会計でてんぱるかも?

日本語を話せますか?:일본어를 할 줄 아세요?(イルボノ ハンチュル アセヨ?)

空港やホテルでわからないことがあるとき、日本語をしゃべれるかもしれません。そんなときは、『イルボノ ハンチュル アセヨ?』と聞いてみましょう。

国際ホテルや空港では、基本的に英語は話せますが、日本語を話せるスタッフはほぼいません。

ですが、まれに日本が好きです、とか日本に友達がいます、とかアニメが好きです。などで日本語が話せるスタッフがいます。

海外で現地の言葉がつかえるとすっごく安心するし、仲良くなるアレなんなんでしょうね。笑

韓国語がわかりません:한국어는 몰라요(ハングゴヌン モルラヨ)

現地で何もせずに帰る人はいないでしょうから、どこにいっても聞かれるのはもちろん韓国語です。

練習はしてきたし、本もみていたけど、想像よりも何倍も言葉ははやいです。

何を言っているかさっぱりわからない場合も多いはず、そんなときは『ハングゴヌン モルラヨ』といってみましょう。

ソーリーソーリーっと言われ、ゆっくり話してくれたり、英語ではなしてくれる人もいます。

基本的に旅行をする人にはどこの国の人も優しいです。

sponserd

まとめ

韓国(ソウル)へ旅行をしたさいに、覚えておくとよい韓国語フレーズを何個かご紹介しました!

簡単なものも多かったと思うので、現地にいったら、ぜひ使ってみましょう。

日本語と同じで、完璧に言えなくてもなんとなく言っている意味はとってもらえますから、伝わるはずです。

せっかくソウルへいったなら、韓国語をつかって、旅行濃度をグッとあげて楽しい旅行にしてみましょう(*´▽`*)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です