冬の糠平湖(ぬかびらこ)観光|タウシュベツ川橋梁の風情、白樺の木の絶景を堪能した

1 min

旅シリーズ!

十勝・帯広エリアを観光してきました!

糠平湖(ぬかびらこ)を見てきたのですが、調べるとタウシュベツ川橋梁がいいらしい、とな。

冬なので、普段とは違う顔があるかも知らぬということで、車をぐんぐん走らせ行ってきた。

北海道のほぼ中心

帯広の真上らへんで、上士幌町から山道ぐんぐん登ってったところにあります

糠平湖の周りはこんな感じで、スキー場やら温泉やらがある

上に行くと天狗の滝ってのがあって、そのさらに上に行くと、白樺の並木があります

糠平湖自体の見るポイントは有名なのが、「国鉄士幌線 タウシュベツ川橋梁」です

インスタで探しても、結構良さげな場所

冬だと、それ以外の季節とは違った顔を見せるみたい

遠くからしか見れませんでした

これがタウシュウベツ展望台から見える距離ですね。もっと他にいい場所はありそう

そしてもっといいカメラなら、綺麗に撮れそうです。笑

展望台はわかりやすく、「こっちー!」て書いてあるので、冬場でも見つけられると思う

タウシュウベツを見たところで、天狗の滝へ向かう

天狗の滝は冬場は見れませんでした!

どこかに滝の音がするけど、音だけで、滝っぽいものは見当たらなかったです

なが靴があってもあぶねえなこれは

って思うような道しかなかったです笑

白樺並木が超綺麗でしたー

奥に山も見えて、絶景でしたね

冬だからか車も来なかったし、落ち着いてコーヒー一杯飲みたい感じでした

上士幌町からもそんなに遠くなかったので、この辺に来たら行ってみてもいいかもです

関連記事
カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。