youtuber(ユーチューバー)は複数の稼ぎ方を持ってないと死ぬよね

youtuber(ユーチューバー)は今後稼げるのか、稼ぎ方が変わっていくだろうなっていう

超どうでもいい話を書きます。

ちなみに、youtube全然見ないし、好きでもありませんので、本当にどうでもいいのですが、

FB広告に1奥を稼いだ17歳のなんとかとかいうインチキくさそうな人のLPが出てきて

案の定、情報商材で。

どう頑張っても、ネットビジネスのアドセンスって飽和している気もしているだろうから、ちゃんと考えてみました。

youtuberの稼ぎ方って複数持っていた方がいいよね、ってのが結論で、

は?と思った方はここで離脱をおなしゃす!

わかってるわ!って人も、得るものは何もないと思うので、ばいなら。

youtuberの現状の稼ぎ方

youtuberの現状の稼ぎ方は、Googleアドセンスが多いと思います。

加えて、企業から頼まれる案件での稼ぎです。

Googleアドセンスとは何かと言うと、動画を見ている時に広告が出てきて、あー邪魔だなーとか思うでしょう。

あれです。

動画広告が流れてスキップしたいなーって思ったりするでしょう。

あれです。笑

企業案件は、企業の商品をいかにも!な感じで紹介する。

あれです。

ステマっぽいけど、PR動画としっかり言っているので、ステルスマーケティングと言われるやらせではないんですよね。

まあ内容はヤラセっぽいけど!

 

んでもって、よく論争になるのがyoutuberは今後稼げるのかー!

っていう議題ね。

 

稼げない!って人もいれば

稼げる!って人もいます。

 

ぶっちゃけどっちでも良いのですが、

結論稼げる

ことには変わりはない。

 

ニコ生も稼げてる人はいるだろうし、

youtuberもそりゃあ生き残る人はいるだろうよ、

ブロガーだっているし、

アフィリエイターだっている、

稼げないと言う理論を証明するものが何1つとしてない。

でも

稼げると言う理論を証明するものも何1つとしてない。

 

だから、やってみるしかわからない!w

(なんだ、その回答は…)

 

だけども、稼ぎ方は柔軟に対応していかないと、

稼げない人も増えるよねーってのは思います。

 

youtuberへのGoogleアドセンスのワンクリック報酬が下がる

 

広告はワンクリックされると報酬が発生して、お金をもらえるのですが、そのお金は近年下がっています。

下がっているグラフは作るのが面倒なので、どっかで見てください。

上がっていることはないんで。笑

 

理由としては、ふっつーに考えて、面白動画を見ている人が、その商品を購入するとは限らないから、金かけた分よりも回収ができなかったら、

お金払わないし、採算が合わないから、ワンクリック単価が下がっていってるわけっす。

 

広告を乗せた側からしてみれば、100万の広告費を払ったのにもかかわらず、効果が10万程度であれば、もう出してくない〜って思うじゃないですか?

そういった企業が増えてくれば、Googleなどのプラットフォームを持っている側も、高値で広告売れなくなるから、安く売る。安い分だけワンクリックの単価も下がる。

だから低くなっているっていうのはなんとなくわかります。

 

今後上がることがあるとしたら、敷居がさらに高くなるとか、すでに稼いでいる人の動画チャンネルで、クリック率、CV率が高いから、特定ジャンルでのワンクリック単価をあげるってのがあります。

でもGoogleって別にCV率を正確の取れないんですよね。(別チャネルからの可能性もあるから、正確ではないと言っている)

 

だから、この辺は決済権を持っているユーザーが増えて、買う人が増えれば単価が上がっていくのではないか!

と思うけど、試験的に高く報酬を支払っていただろうし、水平線をたどることはあっても上りはしないと予想します(これは感覚的なもん)

 

例年上がっていないから上りはしないだろう。

という月並みな回答で申し訳ないのですが、どこのサイトにもそれっぽい浅はか推論しかなかったので、

今後詳しいのがあれば、追記しようかな。

 

企業案件の単価は上がるかもだけど、一部のyoutuberのみの適用

企業案件の単価は上がるかもだけどれど、一部のyoutuberだけ適用するんだろうなーと思います。

名前は伏せるけど、使っている微妙な美容品を売るyoutuberもいるし。

全然よくない(相対的だけど)商品を売るyoutuberもおりやす。

 

そんな中で、ユーザーが思い始めるのが、不信感

これはあってしかるべきもので、ネットでもいかにもっていうサイトではなくて、

体験談があるようなページから購入されたりするようになるとか、(それも作り物とも知らずに)

同じ道をたどっています。

 

企業案件は広報ではなくて、広告です。

広報と広告

広報は、広く報告すること、つまりは知ってもらうこと。広告は広く、告知すること、買ってもらうことがゴール。

買ってもらうのがゴールなわけで、youtuberの定期読者層が潜在的に、もしくは顕在的に欲しい商品である必要があります。

 

例えば、

メイク動画ばかりあげているyoutuberがプロテインの商品PRをしたところで、ユーザーは20代の女性だとしたら、

そりゃ意味ないです。

別にマッチョになりたくない。笑

 

だからyoutuberにあった商品であるべきことになります。

 

すでに特化している人はいいのですが、

おもしろ系の人たちは、ユーザー層はてんでバラバラなので、

商品PRの効果予測がしづらいです。

 

ファンが多くとも、企業からしてみれば売れないと意味が全くないので、

今だけもらっていたり、チャンネル登録数が多いから今後ももらえると思うのは

コントロールできない領域ですね〜。予測不可能!

 

他者依存が多いのはやっぱり怖いですねえ〜。

私はあまりyoutuber詳しくないのですがね、w

 

DJ社長はいかにもステマです感丸出しで広告したりして、売っていて

その潔さのおかげで、売れるかどうかはともかく、好感は持てます。

 

彼の良さは、広告ではなく自社製品を売っている点にあると思っています。

 

youtuberは自社製品を持つべき

 

外からの広告で食っていくのは素晴らしいとは思うのですが、商品を自分で持っていないことは、常にクライアント(広告主)に首根っこ掴まれている状態です。

弾は入っていないから大丈夫〜と、こめかみに銃をずっと向けられている状態と同じです。

 

DJ社長は広告からの収入ではなくて、自分たちでのイベントをメインとしています。

それ以外にも、出演依頼や広告もあるだろうけど。

 

彼らにとって、ネットでの配信は1つの媒体でしかなく、売る物を自分で持っています。

イベントであったり、楽曲であったり

 

自分たちで作らなければいけないという苦労はあるだろうけども、

自分たちで価格設定をして、自分たちでユーザーに合わせてモノを作れる

ってのはかなり大きい。

 

んだって、自社商品を気に入ってくれているわけだから、媒体が消えても残るでしょう?

でも

youtubeという媒体が撲滅されたら、9割くらいが消え去るでしょ?今

彼らは媒体があって、その媒体にスポンサーがいなければ、広告主からお金が支払われないんだもの。

 

飼い馴らされてる子羊ちゃんたちは、利用してやるくらいの気概をさっさと持たないと

 

死ぬよね

 

 

企業案件

既存のGoogleアドセンス

自社製品

 

 

この3つを持っているのがいいっすね。

すでにやっている人ばかりですけども。

まとめ

youtuberの稼ぎ方は複数持っていた方がいいとねっていうお話でした。

完全な推論で、私が実践したことじゃないし、実践をしていたとしても100%本当なんてことはない。

これだけ流れが早いから、去年の手法は通用しないかもしれないし、稼げた人の話なんて、過去の武勇伝でしかない可能性はかなり高い。

10個やったら1個芽が咲けばいいよね。ってなくらいの気概でさ、いろいろとやっていけばいいんだと、私は思いまする。

 

youtuberで稼ぐよりも、youtuberであることを利用して、稼げるようになった方がいいんだよね。

売れる何かを持っていることは、何よりも強い。

と思った今日この頃でした!

 

おしまい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です