YouTube撮影機材はスマホで十分。一眼レフにする暇あるなら企画練ろう

3 min 13 views

YouTubeの撮影には高級カメラを使う必要ない?撮影内容による

どーもー、こんにちは!
大した実績もないのにも関わらず、YouTubeのことをよく聞かれるわけで、その中でも機材をがっつりと揃えないと始められないって方が結構多くてですね。

そんなことはないですよ!っていうお話を今回はしたいと思います。

YouTubeを始めたい!でもカメラっていいやつのほうがいいのかな?

という方のためだけに回答しています!笑

一眼レフとか、専用のカメラとか、Goproとか、そういうのなくたって撮影はできますし、チャンネルは伸びますぜい。

YouTubeの伸びにカメラの性能は関係ない?

結論からいうと、性能の良さは、ユーチューブのチャンネル登録数や動画再生数に比例していません。

でも、ちょっとまった!

自分が知っているユーチューバ―は結構いいカメラを使っているよ?

自分が知っているチャンネルの動画は画質がすごいキレイだよ?

そう思われた方話を聞いてください。笑

伸びている人がもっと視聴者の満足度をあげたくて、いい機能のカメラを買ったりするわけで、画質がいい動画だから、見よう。というのは稀中の稀です。

※今後はわかりませんけど、少なくとも2022年くらいまではまあ大丈夫だろ

重要なのはチャンネルコンセプトや動画の内容だ

動画の画質は基本的には二の次です。

重要なのはチャンネルのコンセプトだったり、動画の内容だったり、話す人のキャラクターだったりします。

画質を求めてユーチューブを見ている人は稀です。今後の世の中ではわかりませんが少なくとも今の時点でネット動画にクオリティは求められていません。

いかに暇をつぶせるか、(楽しく)という以外にありません。

ビジネス動画の場合はいかに短い時間でわかりやすく知りたい情報が得られるか、という話になりますね。

伸びている人を見ると画質が大したことがない人はたくさんいますし、他の文化に例えても同じです。

漫画も絵がキレイではなくても伸びている漫画は多いですし、小説も整った文章を読むなら国語の教科書を読み返しているでしょうが、新人作家のを読みたい人だっているし、『クオリティ』を求めてユーチューブを見ているわけではないので、画質にこだわる必要は全くありません。

ただ、1つだけ注意をした方がいいのが、風景やリップタブ動画を撮ったりする場合です。

浅草の動画のように風景動画だと、海外の人たちが見に来ますが、目的が『風景を見たい』なので、よりキレイな動画が出た場合には画質が悪い動画は見られなくなる可能性が高いです。

リップタブ動画は口パクで歌に合わせてとる動画です。会社のブランディングに役に立つようですが、あまり多くの企業がやっているようには見えません。こういった動画も機材の画質が悪すぎると古い企業?お金がない企業?と思わるかもしれません。画質のいい一眼レフなどを使った撮影が好ましいです。

YouTube撮影機材はiphoneで十分な件

なので、YouTubeの撮影はiPhoneで十分です。

iPhoneの画質であれば、スマートフォンでユーチューブを見る人がほとんどなので、見た時に荒いなーとは感じさせませんし、

少し伸ばしてテレビで映した場合にも、見づらさを感じさせるほどの画質の悪さにはなりません。

撮影機材がなくて、撮影が進まないというくらいならば、iPhoneで十分なので、さっさととってしまいましょう。

余談ですが、カメラの機能が良すぎるとデータの容量が重たくなり、合わせてパソコンの性能もよくなければ編集ができなくなります。

無編集であればよいですが、編集をする人が大半だと思いますので、カット割りをするだけでもかなりの時間がとられたりと大変です。

であれば、iPhoneのデータのほうがアプリでもカットが簡単にできて、スマートフォンでもテロップを入れられるアプリも今後も出てきますし、まずはスマホ一台でできる編集でアップする!でいいと思います。

まとめ

カメラは一眼レフや性能がめちゃくちゃいいカメラじゃなくて、iPhoneで十分ですよ~。というお話でした。

  • カメラの性能よりもまずはコンセプトや内容
  • カメラの性能が良すぎると周りの設備もいいものにしないといけませんよ
  • iPhoneは十分綺麗なので問題なし

というわけで、機材のせいにしないで、さくっと撮ってしまいましょう!

ちなみにお始めているけど、登録数が伸びないという方も同じく機材が問題ではないので!

考える一択!!!

購読ありがとうございました~(‘◇’)ゞ

PS.私はユーチューブをやっていませんけどね

 

佐藤

佐藤

クジャクは雑食で人間すらも食べると言いますね。ですが、姿かたちは美しい。私もそんな人間でありたい。(どういうことだろう。)

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です