増税前最期のamazon大セールを見に行く9/23まで

新卒入社してすぐに辞めたいと思うのは当然だ!仮に辞めるとしても悪いことではない

辞めたいは悪いことじゃない

 

こんばんはー。さいぞーでございます。

4月になると新卒に入り、インターンをしていたから慣れている人もいれば、会社という組織が初めてで緊張する、ストレスを感じる人もいると思います。

慣れない環境、想像していたことと違う社会、挑戦することへのストレス、んまあ多くのことが会社に入り感じ取れたりします。

私自身宮城の大学に通っておりましたが、大学4年生の時から働き、大学と都内の会社を毎週夜行バスに乗って往復していたのは真新しく(なんであんな事したんだろう、バカ)

慣れさせるためにインターンしていたくせに、会社に入ってすぐに辞めたい!と思ったのも事実でありました。

新卒入社して辞めるというのが響くキャリアもあるでしょうし、響かないキャリアもあると思いますが、私は一切響かなかった組なので、備忘録としてこの記事を書きます。

新卒入社してすぐ「辞めたい!」人は結構多いよ

新卒入社してすぐに辞めたい!と思うのは当然だと思います。

どれだけのブラック企業が現在の社会にあるのかはわかりません。

数え切れないほどのブラック会社!

残業なんて当たり前、見込みに入っているから残業手当は支払いません!という会社は多く、私が入った会社もそうでした。(代わりにいろいろ学ばせていただきました、感謝)

私は新卒で不動産賃貸の店長(責任者)を任されていました。

出社は7時で帰りは24時は当たり前、帰ったら勉強、読書で、寝るのは3時、起きるのは6時前で睡眠時間は1日2時間しかありません。

仕事に骨をうずめる覚悟で、入社をして、責任者的なポジションも喜んで受け取っていた私でしたが、

初めの1ヶ月で、「ああ、辞めたいな。」とも思ったのは事実です。

ああ、辞めたい。家でスパロボずっとやっていたい。

 

辞めたいというのを感じ取っているのは私だけでなく、周りの新卒8割ほどが思っていて、別の会社の知り合いも辞めたいと言っていました。

イキイキとしていた友達も言っていたくらいなので、

入る前の決意がどれだけ熱かろうが、イケてるやつだろうが、思ってしまうのは仕方がないことなのだと思いました。

新卒入社してすぐに辞めたくなる理由は

辞めたいと思う理由は、環境だったり、仕事が合わなかったり、人間関係がうまくいかなかったり、失敗ばかりをしてしまって会社に行きたくなくなったり、上司がうざくて鬱になったりと様々考えられます。

大抵、1つ出すと、あれもこれもと3つは簡単に出てきますね。

そもそも辞めたいと思っている会社に対してですから、出そうと思えば、たくさん出てくるはずなんですよね。

私の場合は、セブンイレブンの飯をこれ以上三日三晩食べ続けたら、体がセブンイレブンの色になるんじゃねえか、もう無理だ、いやだ。田舎に帰って新鮮なお米が食べたい。と思ったからでした。

本当に思ってました。

 

一言言えるのは、「辞めたい!」と思って当然じゃないか?

ということ!

んだって新しく初めて慣れない環境でストレスを感じたら、アグレッシブな人もいれば、いやだなーって思う人もいて、マイナス側の人だけが、悪いと思われるのはすごい不服ですな。

不服である。辞めたいと思わせてしまう会社も悪いのではなかろうか?

 

まあ、中にはもちろん楽しい!と感じる方だって多くいらっしゃることでしょうけどもね。

一度辞めたいという思いが芽生えると、自然と休憩中に求人媒体を開くようになります。

自分と同じ働きで、同じ結果だと他の会社であれば、年収が300万以上増えることを知って、愕然としたぜ

 

辞めたい気持ちを抱えたまま、仕事をするのは、やりづらく、いつも以上に手が止まったものです。

当時はネットなんかに詳しくなかったので、空見てぼーっとしてました。笑

ですが、とあることをした。というよりかはとあることを考えることで、少しばかり楽になりました。

新卒入社して辞めたいと思う気持ちは悪くない

私が辞めたいと思った時に、考えたことは、

そもそも、入社した会社をすぐに辞めることって悪いことなのか。ということです。

つまりはこのモヤモヤ、罪悪感の所在を突き止めることです。

やるしかねえ!!!オス!おら!オス!みたいな松岡修造とか、

辞めたいならやめればいい、とか。ブロガーやyoutuberのようなアグレッシブではない人の方が多いと思います。

というか、そんなん心のどこかではわかっているんですよ。みんな。辞めたきゃ辞める。はいはい。わかっていますよ。

罪悪感が、もやもや感が日々を邪魔します。そこで考えます。

 

悪いとは誰に悪いのでしょう?

  • 会社なのか、
  • 親なのか、
  • 友達なのか、
  • 自分なのか、

結論、私は「ああ、何も悪くないんだな。」と思いました。

だって、私が辞めても会社は回るよう仕組みかされていますし。

親も私が過酷な労働環境にいるよりかは、健康に生きて欲しいでしょうし。

友達だって、別に一流の自分といたいわけじゃないでしょうし。

自分だって、合わない選択肢を選んでしまうミスをするときだってある。

 

むしろ。

よく、会社とは、結婚のようなものだ。と言いますが、

こいつ嫌いだな、無理だ。という思いをいつまでも持っているくらいなら、「離婚をする」つまりは、退社をすることは、全員にとってプラスなのではないかとも捉えられます。

 

自分の人生の決断は、ツケが自分に回ってくるようんなっていると思っています。

お金たまればたまるし、人の悪さすれば、困っている時に、周りに助けてもらえないし、世の中シンプルです。

なので、無理をしてまでも会社にいるということは、無駄要素が多くて、無駄が多いということは無駄がかえってくるのではないかという、自分流の変な方程式を見つけ、会社にとってもプラスと言えませんし、自分にとってもプラスと言えないと思ったんですね。

 

悪いことではない。辞めたい時にやめよう。いつでも選択肢が私にはある

ということ。

これが見つかると超楽です!

 

今までは、しなきゃいけない、悪いから頑張らなきゃいけない、と勝手に自分でルールをつけてがんじがらめになったいたものが、すっと消えて、辞めたきゃ明日にでも辞めてやらあ!と思えるようになると、心にかなり余裕ができました。

おかげさまでその後は順調に、1年間は辞めたいと思わなくなりましたねえ。

結局、私は1年後に辞めました

 

私はその後いろいろとはありましたが、1年働き新卒で入った会社を辞めました。

もう解放されよう!と思ったのが、にじみ出たのか、零細企業ということもあって、社長に気づかれて、もみくちゃになりましたが、辞めさせてもらいました。

とはいえ、

新卒で入社した会社を辞めて不安になる一番のポイントは、キャリアに傷がつくか?という点ですよね。

きつい言葉で言うとすれば、生きる世界によっては大きな傷が付きますね。

ですが、別につかない世界もたくさんあります。

新卒で辞めてしまったその後が大変なケース

新卒で辞めてしまった後が大変なケースとしては、大手企業である場合などです。

特に金融系は、独自で身辺調査なんかもするようで、過激な思想の人(SNSなどがチェックされる)は入社できないようになっていたり、借金がある家庭では入れなかったり?(借金の種類によると思う)ってのもあるようです。

なので、気にする企業はあるけど、気にしない企業もいっぱいあるってことですね。

そもそも絶対にここじゃなきゃだめだ!みたいな会社があって、そこに入るために新卒で入って辞めたことが響くのであれば、ナーバスになっているだけなのではないでしょうか?

絶対にそこがいい以外はどうとでもなるなら、気にしなくてええやないか。

 

だとしても次の転生活動のスタートしては、新卒で辞めたはイコールで根性がない。と思われてしまうので、大きなマイナスポイントになるのは覚悟しましょう。

 

そんなことはない!という人もいるかもしれませんが、人は経歴でイメージをつける生き物だと思っていますので、勝手に潜在的に思うでしょうね。

同じ立場をイメージして貰えばわかると思います。

 

新卒で辞めてしまっても問題ないケース

新卒で辞めてしまっても問題ないケースは、同業の会社に転職したり、自分で起業したりすることですね。

同業の会社であれば、それなりに理解をしてもらえ、辞めた理由をしっかりと話せば、一年以内に辞めたというのは、見られるポイントですが、その後のキャリアに傷がつく原因には成りかねます。

あとは、自分で起業をしちゃうってのいうのも、学歴やキャリアが関係する仕事もあるかもしれませんが、自分の力でどうにでもなってしまうので、あまり関係ありません。

というよりかは、大手での管理職を狙っている人以外は、後からの実力、やる気でどうとでもなると思っています。

他人の過去を気にしているのは、人事部くらいで、ほとんどが働いている人の過去なんてどーでもいいことなんです。

人間関係が悪くなる原因にもなることはないと思っています。

会社を辞めるタイミング

辞めるタイミングですが、会社にある規則に何ヶ月前に辞めると報告、相談をするのかが書いてあると思います。

目視でしっかりと確認をしましょう。

会社や上司に切り出すタイミングは、自由ですが、突然に辞める、というよりかは、相談ある。というように言って時間を作ってもらうのが配慮、でもあります。

関係が悪くなって辞めるよりも、いい関係のまま辞めることで、将来自分で仕事をしたい人はなおいいです。

在宅ワーク、フリーランスで働いている人の多くが、前の会社のつながりで仕事をもらっているので、ことは焦らず、辞めると決めているのであれば、まずは相談から始めてみることをおすすめします。

辞めた後のフォローは辞める前が重要

辞めた後に、しっかりと思い通りに事を運びたいのであれば、準備がすごく大切です。

新卒入社してからすぐに辞めるのだとしたら、自分にも非があるが、会社とのここが合わなかった。というように辞める理由をはっきりとさせていると、次につながりやすいと体験談的には思います。

私の場合は、睡眠時間が2時間の会社だったので、働くことというよりかは、体が心配になった。という理由であれば、他の会社の人も同じく2時間のベンチャーもあるとは思いますが、たいていの会社はもっと寝ているでしょうし、理解を示してくれます。

前職を辞めたことなど、話題に出ずに、他のことばかりを話していました。

辞める前に、自分がどうして辞めるのか、理由を明確にすることで、転職となったとしても、その後の面接にまでもいい影響を及ぼすことでしょう。

何度も言うけど、辞めたいは悪いことじゃない

何度も言いますが、辞めたいと思うことは悪いことではありません!

むしろ辞めたいのであれば、辞めてしまうことを勧めます。

その前に自己分析は必要ですけどね!

結構バカにされがちな自己分析ですが、自己分析を極めた人は営業でも成績を残す傾向があるように感じます。

なんせ自分も他人も人間。自分を理解すれば他人の理解へとつながり、信頼されやすくなるというのは、当然でもありますね。

辞めたい気持ちを無視せずに、考え抜いてほしいな、と思います。

終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です