増税前最期のamazon大セールを見に行く9/23まで

今すぐに仕事を辞めたくなったらどうする?会社ともめない仕事の辞め方

すぐに辞めたい

あー、イライラする!(しないけど)

今すぐに仕事辞めたい!突発的に思うこともあれば、かねてから感じていた引き金が上司の罵詈雑言によって完全開花をして、

「くそ!いますぐ辞めてやらあ!」

ってなることもありますよね。

私はちなみに、ありました。そして辞めました。そして後悔はしていませんが、もっといい辞め方があったはずといまでも思っています。

辞め方って結構重要と自戒も込めて、将来自分で何かをしたいと思っているのであれば、なおさらしっかりとした辞め方ができるように体験したことを備忘録しておきます。

結構きついこと言うので、弱っている人は見ないようにしてください。

正論っぽいようなことを並べていてイラッとするかもしれませんが、感じ取ったことを日記風に書いたと思っていただければ幸いです。

会社をすぐに辞めたいと思ったきっかけ

私がいた会社は特殊でした。

いや、まあ、それってみんな言うよね。

「俺の会社はー」
「私の会社はー」

そこから読み取れるのは、どこだって辛い時は辛い、比べられない、みんな辛い。ってことですねえ。

話は戻り、会社を辞めたいと思ったきっかけですが、私はパソコンと机を没収されました。

なぜという部分は、まあそう言った会社だったからとしか言いようがありません。笑

社員からも無視をされましたが、今思えば、私の行動にもかなり問題があったのだなというのがわかります。

居場所もないし、パソコンないから仕事もできないし、机もないから、電話だけとって元気に働いていましたが、社長と口論して、摑み合いになってその日に辞めました。

大手企業ではまずありえませんよね。役に立たない情報でしたらすみません。

ただ、私が学び、そして皆さんにお伝えできることは、

「気持ちよく辞める以外の選択肢はとらないほうがいい」

ということです。

気持ちよく辞めるとは

気持ちよい辞め方と、気持ちよくない辞め方があります。

気持ちよい辞め方は会社の方と気まづくも話し合う方法ですね。

なんで辞めるのか、いつ辞めるのか、ちょっとバトったとしても自分の言いたいことを言って辞める方法です。

気持ちよくない辞め方は、会社の方には特に相談せずに、会社の規約も守らずに突然やめることです。

そんなやついる!?っと思う方もいるかもしれません。

この辞め方は最悪です。バックれって意外と会社で起きてるみたいっぽい。

私と同じ悪魔を背負うものよ。

気持ちよくない辞め方をすると最悪

すぐに辞めたいと思い、すぐに辞めるとしましょう。そう、突然に!

俺、明日から来ないわ!んじゃ!

 

強心臓の方で全く自分に非がないと思っていける人であれば、全く問題はありません。会社のことなど忘れて生きていけるでしょう。

ですが、

気にしーであり、小心者の私はかなり罪悪感を抱えました。

突然もめて、突然やめる。

お客様にも申し訳ないし、会社の人にも申し訳ない。なぜあそこでちゃんと言いたい事を言えなかったのだ。とかなり後悔をしましたね。

そして、信頼を失います。

失うのは二つの信頼です。

  • 会社からの信頼
  • 自分への信頼

です。

会社を辞めてやった。という人もいるし、それは自由です。褒めもしないし、けなしもしません。

ですが、会社の人からは信頼が失われます。それが今後の人生で非常にもったいないんです。

そして、自分への信頼を失います。

この辺は感度が低い人、強心臓、楽観主義者は気づかないかもしれませんが、仁義を守れないことに対して、心が痛むはずです。

いたまないのであればそれはそれでよしですが。

会社の人からの信頼は2度と取り戻せない

突然辞める人は、いい目では見られないので、会社というよりも、その場にいた人から信頼を失うのです。

失われた信頼は2度と取り戻せません。

連絡を取り合って、仲良しな人もいるかもしれませんが、責任者的なポジションの人と、気持ちよくない別れ方をして繋がっている人をまあ、見たことがありません。

積み上げた信頼は一瞬にして崩れておちてしまいます。

会社を気持ちよく辞めると今後につながる

会社を気持ちよく辞めると、その後につながります。

私の場合ですが、2番目の会社は気持ちよい!とは言い切れませんが、しっかりと相談をして辞める旨を伝えて辞めました。

なので、フリーランスで仕事を始めた時に、同期の方からお仕事をもらうことができました。

フリーランスでの仕事は多岐に渡りましたが、ライターをメインとしていて、通常0から始めるとなれば、かなりの低価格から始めなければならないケースが多いようです。

ですが、一件5000円の月40件などの依頼を受けることができ、20万を稼ぐことができました。

人から紹介してもらった仕事は責任感はあるとは思いますが、逆に言えばそれほど信頼をしてもらっていて、その分単価も高くなります。

これは気持ちよく会社を辞めた人であれば、よくあるお話のようです。

厚生労働省の在宅ガイドブックを見ても、仕事の受注をどうやってとったのかという項目で、21.6%の人が以前の仕事先の関係から、とあります。

出典:在宅ワーカーのためのハンドブック/厚生労働省

もちろん、辞めた後の残りの人生で自分で仕事をしたいと思っていない場合は良いです。

ですが、起業をしようとか、自分で仕事をしようとか思っているのであれば、気持ちよく辞める方法をお勧めします。

すぐに辞めたい、でも気持ちよく辞める方法は

すぐに辞めたいけど、気持ちよく辞めたい方法として、自分の人事を担当している人にちゃんと相談をするのが一番良いです。

月並みな回答ではありますが、意外と相談しない人を見かけます。

辞めたいということを伝えるのが怖くて、裏で陰口ばかりを叩いていても、一向を現状はよくなりません。

正直周りにいる人も非常に迷惑であり、生産性もない。

ネットにぶちまけても、現状も何も変わらない、むしろ、共感をして仲間意識を生み拍車をかけて会社のせいにする。

ブラックな会社であれば守る必要はないけどね。んだってルールを守っていないものに対して、なんでルールを守れって言われなきゃいけなんだ!

 

私がやっていたこととしては、真剣さを伝えるためにも、対等に話すためにも、ボイスレコーダーを出し、念のために録音をさせてください。

と言って相談をしていました。

これは、営業の会社で上司の方が権力があることを前提に、暴言や論理的ではない回答、会社の規定以外のことを言われた時の盾として使うためです。

辞める場合は、○ヶ月以内にいうこと、と契約書や会社の規定に書いてあるはずですので、まずはそこを読み、熟知しましょう。

乗っ取り、相談をしていて、ダメと言われてもなぜなのか理由を聞かせてもらいましょう。

話を聞いてくれないような相手だとしたら、話を聞いてもらえるようにする。

ボイスレコーダーなら用意は簡単ですし、さらなる上司を相席させても構いません。

それも無理なら、そもそもその会社やばいかもなので、すぐに辞めちゃいましょう!!!

んでも意外と相談をするってのが気まずくて言えませんよね。

私の場合はそうでした。

どうやって言おうか、相談があります。の一言がなかなか言えない。

もうそこは勇気を出すしかありません。

自分の人生のカジを握るのは誰なのか、を考え精神統一して、思い切って言いました。

あー緊張した。

会社をすぐに辞めたいけど辞めれないは嘘

最後にですが、会社を辞めたいけど辞めれないという人がいますが、本当でしょうか。

なぜ辞めれないのでしょう。

自分の意見を言って、衝突するのを恐れているからでしょうか。

家庭の事情でしょうか、何が原因なのでしょう。

誰かに相談はしていますでしょうか。友達にでも。

親にでも。

一人で抱えていませんか。

まず問題はそこです。

一人で何でも解決できる人は未だかつて地球に存在していないと思います。

ちゃんと相談をする。

辞めれない、は嘘ですね。

辞めれないのではなくて、

辞めたいけど、勇気がない。

これが理由です。誰のせいでもない。

原因は自分自身です。

自分次第でどうにでもなる

結果として、自分次第でどうにでもなります。

真剣な相手には真剣になります。私たちが、ナイフを目の前にかざされて、ふざけたままで居られません。真剣になります。

同様に、こちらが真剣であれば、相手も真剣になるのです。

そこから自分が逃げているだけだということに気づくか気づかないかです。

私は気づけませんでした。だから後悔をしています。そして一生背負っていくつもりではいますが、自戒になり、今では相談を心がけています。

逃げないで、戦う人が増えることを祈ります。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です