WordPress(ワードプレス)導入後、すぐにやったほうがいい初期設定変更

WordPress(ワードプレス)導入後に記事を書く前に先にやっておいたほうがいいこととして、

初期設定の変更
プラグインを入れる
カスタマイズ

は先にやっておいたほうが後々苦労をしなくて済みます。

本記事では中でもWordpress(ワードプレス)を導入したての状態で、変更したほうがいい初期設定についてが書いてあります。

  • 今から記事を書き始める
  • ワードプレスの設定から変えられることが知りたい
  • 後々面倒なことはしたくない

などの人に役にたつと思います。

特別やらなくても記事を書き進められますが、やっておいたほうがいい、というだけなので、気にされなくても記事だけかければいいんだ!と思われる方は見なくて結構です。

WordPressの初期設定変更箇所

ワードプレスの設定で変えられる箇所は、

  • 一般設定
  • 投稿設定
  • 表示設定
  • ディスカッション設定
  • メディア
  • パーマリンク

です。

そのうち変えるのは、

  • 一般設定
  • 表示設定
  • ディスカッション設定
  • パーマリンク

のみです。

変えたほうがいい理由は、シンプルに、更新しやすくなるからです。

特にパーマリンクは、あとから変えると、リダイレクトと言って、自分でサーバー側にコマンドを打ち込まなければならない、と言う文系の私にとっても激しくいやな作業をすることになりますから。

最初に整えている状態から更新を続けたほうが、省エネ、コスパ○です。笑

ワードプレスの初期設定を変更していく

※画像付きで説明しますが、ワードプレス自体のバージョンアップで画面が変わる可能性があります。初期設定でできることが別場所でするようになるかもしれませんので、注意してください。

一般設定

  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ
  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

を変更できます。

サイトのタイトルはインストール時につけていますので、キャッチフレーズを入れます。

これは、ページ内や検索した時などで要所要所で出てくるので、好きなものをつけます。

 

アドレスは、サーバーに移行した後に、SSL化が済んでいる場合には、

httpアドレス.com

httpsアドレス.com

にします。

 

すると再ログインすることになり、ログインができれば完了です。

投稿設定

投稿設定はそのままです。

何も変えなくて問題ありません。

表示設定

ホームページの表示で、更新したブログをトップにするか、初めから好きな記事をトップにするかを選べます。

1ページに表示する最大投稿数も変えることができます。標準では10件表示されます。

ディスカッション

コメント表示条件のコメントの手動承認を必須にするを押します。

ココにチェックをつけないと、コメントを確認する前に表示されてしまうために、変なコメントが来た時に防ぐことができません。

一度内容を確認してから、表示するか、しないかと決められますので、チェックをつけておきましょう。

メディア

メディアも手をつけなくて問題ありません。

パーマリンク

カスタム構造で

/%postname%

にすることで、自分の好きなURLをつけることができるようになります。

ですが、ぶっちゃけどちらでも構いません!

 

検索画面上では、URLが表示されるので、何について書いてあるか分かりやすかったほうがいい、と言う説もありますが、

検証データはありませんので、好きなURLでいいでしょう。

特に考えがなければ、自分でURLをつけられるようにしておけば、いいでしょう。

まとめ

変える箇所
  1. 一般設定
  2. 表示設定
  3. ディスカッション設定
  4. パーマリンク

上記を変えたら一旦の初期設定は完了です。

このあとプラグインを導入して、もっと快適に更新しやすく、見やすいブログを作っていきましょう♪( ´▽`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です