[仮想通貨]不正アクセスをされて、コインが盗まれることがある?

1 min 10 views
不正アクセス

本当(ホント)!真実です。

2017年の1月から7月の間だけでも、ビットコインを含む仮想通貨の不正アクセスによる被害は7650万円ほどに及ぶそうです。

中央管理の役割を果たす銀行がないために、自分で管理をする必要があります。

セキュリティの不備を攻撃されたり、安易なパスワードにしているために、不正アクセスをされてしまうこともあるようです。

取引所は金融庁が登録業者一覧というものを作っているので

  • SSL暗号化通信
  • ファイアウォール
  • コールドウォレットの活用

など、セキュリティがあります。

ですが、個人の場合は、

  • 簡単なパスワード
  • 二段階認証の未使用
  • ログイン状態のまま放置
  • アクセス端末の未管理

など、まだまだセキュリティ意識が緩いので、個人から標的にされることもあるようです。

不正アクセス

カフェなどで作業をしている人が、パソコンを置いたままに、お手洗いに行くと思いますが、仮想通貨が普及をすれば、もっと気をつけるべきでしょう。

まさに、「財布」を置きっぱなしでトイレに行くのと何ら変わりがありません。

個人でできる不正アクセス対策

  1. 簡単なパスワード
  2. 二段階認証の未使用
  3. ログイン状態のまま放置
  4. アクセス端末の未管理

これらを対策しましょう。

  1. 簡単なパスワードは複雑性のある文字列にする
  2. 二段階認証を使う
  3. ログイン状態のままにせずに、アクセスして、取引をしたらログアウトをする癖をつける
  4. パソコンやスマフォにアクセスされないようにパスワードをつける

など。

セルフセキュリティをしっかりとしましょう。

佐藤

佐藤

クジャクは雑食で人間すらも食べると言いますね。ですが、姿かたちは美しい。私もそんな人間でありたい。(どういうことだろう。)

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です