増税前最期のamazon大セールを見に行く9/23まで

生活保護の部屋探し、上限以上の物件に住める可能性もあるよ

生活保護の部屋探しは想像以上に困難です。現に私がかなり大変な思いをしました。笑

まあ見つからない、見つからない。まず受け付けてもらえません。門前払いってこういうことをいうんだな。

と思うくらいに入り口で追い出されます。

メンタルかなりやられますよ。都内ですとそもそも、大手の不動産は6万以下の物件を取り扱ってないことが多いですしね。

地域密着の不動産屋にいっても、生活保護で引っ越したい人待ちが多くて、タイミングがよくなければ物件が見つかりません。

そんな方に朗報です!上限よりも、少しオーバーでひっこせる可能性があります♪( ´θ`)ノ

今回はそんなお話です。

生活保護の賃貸上限よりも少し高い部屋に住めるかも

生活保護受給者は賃貸の上限が設けられています。1級地だと53700円が上限です。

53700円を1級地で探すのはかなりの困難です。

ですが、ここで裏技があります。60000円の物件を管理費にいくらか回して53700円にするという技です。

不動産によっては、賃料の上限を53700円にして、その他を管理費に回すことで、実質上限はクリアになります。

すると部屋の条件が広くなりますので、物件が見つかるというわけです。

融通が効くのは古くから地域に密着している不動産屋

この手の融通を効かせてくれるのはほとんどが地域に密着していて古い不動産であるという点を覚えておきましょう。

大事なことなので、もう一度

  • 昔からある古い不動産屋
  • 地域に密着している不動産屋

総じてこのような不動産屋はどこにあるのか…

役所の近くにあります!笑


役所の近くにある不動産屋には、昔から多くの生活保護者が行っています。

不動産屋からしてみたら、生活保護であろうが健常者で働いているものであろうが、同じ仲介手数料がもらえます。

むしろ、生活保護は条件が決まっていて、あればすぐに決まるのでラッキーです。

するとどうなるか、そういった物件を用意するようになります。生活保護に対して強くなるんですね。

圧倒的に役所に近い不動産屋は生活保護慣れしていますので、けむたがりません。

むしろスムーズに対応をしてくださいます。

なかなか部屋が見つからない人は役所の近くになる不動産屋へ行ってみてください。

まちがいないので。

まとめ

生活保護受給者が賃料上限をオーバーした物件に住む方法はズバリ役所に近い不動産屋へ相談をすること!

場合によっては対応をしていないかもしれませんが、柔軟な対応、豊富な物件、生活保護慣れをしていますから

ネットで探すよりも圧倒的にいいはずです。

待機している生活保護が多いので、すぐに見つからないかもしれないので、ぐずぐずせずに一度相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です