認知的不協和の意味と使い方、世の中で使われているシーンが多すぎる

認知的不協和

認知的不協和という言葉をご存知でしょうか?

言葉だけ聞いたらどんな意味なのか、想像できない方もいるかと思います。

認知的不協和の意味と、仕事や恋愛に生かすことができるのか?

それと、言っている奴は大抵出来損ないだから気をつけてね!っていう注意喚起の記事です。

あくまでも超主観ですので、お気をつけて。

認知的不協和とは

認知的不協和とは、アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーによって提唱されたそうです。

不協和の存在は、その不協和を低減させるか除去するために、なんらかの圧力を起こす。つまり、複数(通常は二つ)の要素の間に不協和が存在する場合、一方の要素を変化させることによって不協和な状態を低減または除去することができる。不協和を低減させる圧力の強弱は、不協和の大きさの関数である。つまり、認知的不協和の度合いが大きければ、不協和を低減させる圧力はその度合いに応じて大きくなる。

引用:wikipedia

小難しく言われていますが、

新しい事実を知った時に不協和(いやだなーっていう状態)が生まれます。

その不協和を減らす、なくすことために、新しい事実を作り出す!

ってことです。

例を出して考えてみよう!

wikipediaがわかりやすかったので、参考にして考えます。

よくあるのがタバコのたとえらしい。

状態
認知1タバコを吸う(喫煙)
認知2タバコはガンを誘発する

タバコはガンを引き起こす可能性があるので、タバコを吸っていることへの不安、ストレスがあります。

認知的不協和が生まれるんですね。

状態2
認知3タバコを吸わない(禁煙)
認知2タバコはガンを誘発する

認知1を禁煙にすれば良いのですが、禁煙にするのはもっと大きなストレスがかかるためにやめることができません。

なので、認知1.2に加えて、4を加えます。

状態3
認知1タバコを吸う(禁煙)
認知2タバコはガンを誘発する
認知4喫煙者だからと言って早死にをするわけではない

認知4を加えることによって、タバコを吸うことへの不安をかき消します。

まだ足りない場合は、恐怖を減らすために、もっと論理を付け加えます。

状態4
認知1タバコを吸わない(禁煙)
認知2タバコはガンを誘発する
認知4喫煙者だからと言って早死にをするわけではない
認知5ガン確率と交通事故を比べたら事故で死ぬ確率の方が高い

認知5を付け加え、認知2のタバコはガンを誘発するという論理から発生する認知的不協和を解消しようとしています。

これ、よくあるなーって自分でも思いました。笑

 

最近起きてしまった北海道地震が人工地震であるという説もまさに、現代の人々が見えぬ恐怖に怯えて

どうしようもないからこそ考えてしまったのだ、とも言えます。

認知的不協和をうまく使う

認知的不協和をうまく使うというと語弊があるかもしれませんが、

人を不快にさせるわけではなくて、人に満足してもらうために使う、というイメージです。

 

仕事でいうなら、

「当社は割引はいたしません。」

ということで、割引をしないというのは、ブランド価値が高いからであろう。という勝手な錯覚をさせられるし

 

恋愛でいうなら、

「俺には夢がある!」

とか言っていれば、夢があるからお金がなくても、一緒にいて楽しいからいいの!と勝手に思われたりする。

 

(こともある)

 

ただし1つ言えるのが、

一貫性がないと使えない!

 

貫いて事実がそこになければ、

言っていたけど、言っていることがコロコロ変わるなーと思われてしまえば

仕事でも恋愛でも、相手のストレスのはけ口を与えてしまうので、

相手の認知が変わるのではなくて、こっちが責められます。www

 

それでもなお

俺の考えはコロコロ変わるんだ!それが芸術家だ!

とか言ってもいいのですが。笑

 

その論理を理解してもらうために、色んなアーティストの本のエピソードでも調べて

熱く語る必要はあります。笑

 

仕事や恋愛に生かす!と思っている時点でアウト

認知的不協和をなんとなくでも理解していただけたかと思いますが、

これらの考えを仕事や恋愛に生かす!と思っちゃうってことは

 

状態
認知1仕事ができない理由を探さない
認知2仕事ができない理由は○○だ
状態
認知1モテない理由を探さない
認知2モテない理由は○○だ

認知1を、探すことにするには、大きな自分の欠陥に気づく可能性もあるために、認知を付け加え

心理的効果を学べば、「仕事ができる」「恋愛ができる」と認知的不協和を解消しようとする動きをとるんですね。

 

普通に考えて、心理学なんかを学ばなくても、必要な要素ってのはたくさんありますよ…

  • 約束は守る
  • 清潔を保つ
  • 人の話は聴く
  • 返事ははっきりとする
  • 相槌をうつ

などなど…

心理学に頼って仕事をしようとか、恋愛をうまくいかせようって人ほどロクデモナイ人間ばっかりなので。w

参考にしないでほしいですし、自慢げのように話している人ほど危ないからね!上手にいかそうだなんて思ってはいけないよ。∧( ‘Θ’ )∧

 

でも、最低限ができていて、もっと心理学を学ことで、自分への理解、他人への理解を学んで、

助けてあげたいとか、導いてあげたいとか、知的好奇心の欲求とかのためならいいんじゃないかなとは思います。

だって、それには自分や相手に愛があるからね〜。傷つけない行為は大抵プッシュしやす。

あとは自分を守る盾にもなります。

世の中の色んなところで使ってしまっている認知的不協和

ベンチャー企業なんかでも使われているから気をつけて!

  • ブラック企業の時間外労働
  • DVされてしまう人
  • 貢いじゃう人

ブラック企業の時間外労働をしている人で、

「経験を積むため」

「お金を稼ぐため」

とか言っているけども、もっといい方法はありますからね。思考の放棄をして、単純に先輩や社長に言われたことを鵜呑みにしている可能性が高い。

 

DVされてしまっている人は、

「でも幸せ」

「でも彼は優しい時もある」

“でも”って言っている時点で危ないです。かなりのストレスがかかっているけれども、事実を認めて抜け出すストレスに勝てずに変な理屈つけちゃってます。

 

貢いじゃう人は

「彼が頑張っているから」

「夢を追いかけているから」

といいますが、金あげているだけですからね。そんなことしなくても尊重してくれる人なんて世の中にいっぱいいますから。自分の心の弱さと向き合った方がいいですよ。

 

様々なシーンで使われているので、見かけたときには声をかけて、認知的不協和を教えてあげるといいです。

はじめは、その事実すらも向き合いたくなくて、聞き入れないかもしれません。

 

無理にとはいいませんが、きっかけだけでも与えて、ストレスを低減、解消する別の方法を教えてあげたいですね〜。

まとめ

認知的不協和の意味についてでした。心理学ってのはそもそも最低限のことができていて、プラスαで使うものだと思っています。

中身がないのに、うわべだけ心理学を覚えて振舞ってもすぐにバレるっちゅうことですね。

仕事や恋愛で使いたいなら、まずは最低限のことからするべきだとおもいます∧( ‘Θ’ )∧

 

身近な人で認知的不協和に陥っているなーって人がいたらぜひ教えてあげてください。

「あなたは逃げているだけ」

このことに気付けるのが早いだけで、本当人生変わるレベルなので…

 

悪用する人が減るためにも、覚える人が増えるといいな〜とおもいやす♪( ´▽`)

おしまい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です