隠居がしたいにブログ名が変わりました。涙

賃貸契約に必要な住民票と印鑑証明書のもらう場所、方法

賃貸契約に必要な住民票と印鑑証明書はどこで貰えばいいんだろう?

とっさに必要となると焦りますよね。

一人暮らしで賃貸契約をするとなると、住民票と印鑑証明書が必要になります。

どこで貰えばいいのか、またどうもらうのか方法を簡単に説明します。

必要書類はないと契約できない

一人暮らしに必要な書類としてメジャーなものに、住民票と印鑑証明書があります。

住民票は運転免許証などの発酵に使いますが、印鑑証明書は使っておらず、普段聞きなれない書類かもしれません。

必要書類という字のごとく、基本的にないと契約はできません。

一般的に契約時には持っておきたいので、スケジュールを立てて、しっかりと準備しましょう。

住民票のもらう場所と方法

住民票は、あなたがそこに住んでいることを証明する書類です。税金も健康保険も住民票に登録がしてあるところに基本支払っています。

住民票をもらう場所

住民票のもらう場所は、自分が住民票を置いている役所です。

住んでいる場所の住所の市町村役場に行きもらいますが、住民票を別の場所に置いている人も中にはいるかもしれません。

いる場所ではなくて、ある場所なので、その点は注意しましょう。

住民票をもらう方法

もらう方法は簡単です。

役所へ行くと、住民票の手続きの看板があります。用紙に必要な情報を記入していただきまして、提出をします。

すると呼ばれて、身分証明書を見せるだけです。

住民票の費用

必要な費用は、戸籍抄本、戸籍謄本、内容で変わります。通常一番安いので、問題ないので、通常の「住民票の写し」でいいはずです。

なんでもいいのかは担当の不動産会社に聞いてください。

だいたい300円くらいです。

住民票発行に必要な書類

住民票発行に必要な書類が数点あります。

  1. 印鑑
  2. 身分証明書

です。

身分証明書は顔つき身分証明書をお持ちください。顔つきではなくても、マイナンバーカードでもできます。印鑑はシャチハタではなくて、印鑑で。

印鑑証明書のもらう場所と方法

印鑑証明書は、あなたが登録をした印鑑であることを証明する書類です。日本であなたの印鑑証明書は1枚しかありません。引っ越しをして住民票登録を新たな土地ですれば、前の印鑑証明書は使えなくなります。

印鑑証明書をもらう場所

印鑑証明書をもらう場所は、自分が住民票を置いている役所です。

それ以外では発行することができません。

印鑑証明書をもらう方法

印鑑証明書をもらう方法も比較的わかりやすいです。

印鑑登録所窓口が設置されていますので、窓口発行もできます。

印鑑証明書を一度発行している人は、カードを持っていると思いますが、その場合は役所内の書類が出せるATMでの発行が可能です。

印鑑証明書の費用

基本は登録が200円。発行が300円です。

ATMでも300円は変わりません。

印鑑証明書発行に必要な書類

印鑑証明書に必要な書類も住民票と一緒です。合わせて登録用の印鑑をお持ちください。

  1. 印鑑
  2. 身分証明書
  3. 印鑑

地方から東京へ引っ越してきた場合はどこの住民票なのか

地方から東京へ引っ越しをする場合では、住民票が置いてある場所なので、引っ越す前の役所です。

代理を立てて取ってきてもらうことも可能ですので、東京の大学などに通っているが、地方に住所がある場合は、

親に取ってもらうこともできます。

契約までに間に合わない場合

取りに行くのが遅くなってしまった場合には、不動産会社へ相談をしてください。

部屋の鍵を受け取れる条件は、大家さん(オーナー)によって変わります。

入金さえあれば受け取れる場合、書類が全て揃って受け取れる場合、契約で署名捺印をすれば受け取れる場合、と

大家さんによって変わります。

遅れてしまっても、後で郵送で書類を送るということで、先に鍵が受け取れる場合もありますので、ちゃんと相談をしてください。

最悪のパターンとしては引っ越し会社にお願いをして予約したのに、その日に書類が揃わずに鍵が受け取れないパターンです。余計なキャンセル料が取られてしまうので、鍵をもらう条件は遅れる予定がなくとも、聞いておくべきです。

まとめ

契約に必要な住民票と印鑑証明書のもらう場所ともらう方法でした。

取り方が意外と知らない人もいますし、何より社会人だと忙しくて、取りに行くのが面倒だし、大変です。

引っ越しを予定している前に会社に言って休みを取るなどして、入居を安心して迎えられるように、

準備をしっかりと行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です