隠居がしたいにブログ名が変わりました。涙

だから決まらない!一人暮らしで部屋探しをする前にしておくと良いこと。

一人暮らしの目的

楽しい、寂しい、楽チン、辛い、いろんな思いが混雑としている一人暮らし。

今までしたことのある人も、今から初めて一人暮らしをする人にも、今一度考えて欲しいのが、目的です。

目的?と言われると、引っ越したいから!と思うかもしれませんが、もっと奥にある思いです。なぜ引っ越したいと思うのか?その自分の考えを整理するだけで部屋探しにかかる時間は圧倒的に短くなりますし、楽しくお部屋探しができるようになります。

今回はそんな、一人ぐらしをするときに目的を決めるメリットってなんだろうです。

一人暮らしをする目的って何だろう?

 

一人暮らしと聞くと東京へ上京が考えられますよね。東京へ〜上京〜ってなんかラップみたいで、ちょっと楽しい。(黙っとけ)

一人暮らしを考えた時にはまず、目的から決めることをお勧めしています。まずはその理由について解説します!

引っ越しは面倒

 

部屋探しは基本面倒くさいです。

ネットで探して、空室の確認をして、空いていなければ探しなおしをして、内見をして、申し込みをして、書類を用意、契約、荷造り、引っ越しやることはたくさんあります。

自分のためにやっていることなのに、途中で面倒になってしまったりするんですよね。ですが、考えて欲しいのですが、引っ越しができるということは非常にラッキーなんです。誰しもが得られる権利ではありません。

住む場所を自分で選べるというのは、贅沢な選択です。本当は楽しく自分好みの部屋を見つけるのが部屋探しのあるべき姿です。面倒なイベントごとではないはずを念頭においておきましょう。

目的次第で楽しさが変わる

 

目的が定まると決断が早くなって、部屋探しが楽しくなります。

自分の目的がわかると、それ以外は目につかなくなります。お風呂場に綺麗なバスがある家に住みたいと思って引っ越すなら、好みの綺麗さじゃないところには興味がありません。

好みの綺麗さを満たした部屋に出会った時のあの感動は、アドレナリンビュービュー出ています。

部屋を決める時に楽になる

 

お部屋探しのあるあるは、「もっといいお部屋があるんじゃないか」です。

ぶっちゃけ良いお部屋なんていくらでもあります。それはその人の目的をどれだけ満たすかによって部屋の良さが変わるからです。綺麗ではなくて汚い家を探して欲しいと言われたことだってあります。

人によって良いは様々。一般的に人気がある広くて綺麗で安いお部屋が良いお部屋と思うとは限りません。

自分がなんのために引っ越すのかを整理することで、自分のパートナー部屋がわかっているので、逃さずに決めることができます。

みんなの目的はどれでしょう?

参考に目的の整理の事例を書きました。

上京

 

やっぱり一人暮らしといえばこれ!東京へ上京〜YO!ですね。僕の地元仙台も過疎化が進んでいるようでして、皆東京へ出たがるようです。

東京は都会ではなくて、田舎の集まりである。と昔誰かから言われましたが、何となく意味がわかってきました。

大学や就職のタイミングで東京へ行く人は様々かも。夢があるし、だから強いて言えば「憧れの暮らし」が目的といえますね。

 

親元から離れる

親元にずっといて、自動で家事、自動で飯、自動でお小遣い。そんな脛齧りな人生とはおさらばしたい。

というわけで家を出ます!

この場合の目的は「自立」ですね。精神の解放です。

シェアハウス、恋人との同棲から一人暮らし

 

シェアハウスの更新が切れてしまった。ルームメイトと喧嘩をした。ルームシェアはもうしたくない、プライベートなんてあったもんじゃない。ちくしょう!という理由の人は、目的は「寝る場所の確保」ですね。

恋人との同棲からのドロップアウトからの一人暮らしの目的も寝る場所の確保でしょう。

生活の質の向上

 

もっと広い部屋に住みたい、もっと綺麗な家に住みたい、3口コンロが欲しい、ディスポーザーが欲しい、床暖房が欲しい。

生活の質を向上させたいあなたの目的は、「クオリティオブライフ」です。

更新のタイミングで引っ越しを考える人もこれが目的。

自分の目的がわかると探しやすくなる

 

なんで?引っ越すのかが不明確だと、部屋探しは面倒くさいので、途中でいいや。と諦めてしまう人もいます。

途中でやめてしまうのが一番もったいない!かけた時間、かけた労力、なぜ無駄にしたんだ〜い!

目的がはっきりとしていると、力になります。何かがあっても「俺は○○するために引っ越すんだ」と力になります。

目的はあるはずなので、自分の頭の中を整理して、分かりやすくしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です