ヒモ生活は実際どう?ヒモになりたい人はどこで探せばいいのか?

5 min 29 views
ヒモになるにはをインタビュー

ヒモ生活って実際どうなのか?どう?って、どう?笑

楽しいものなのか、辛いことってあるのか?

また、ヒモになりたい人はどこで探せばいいのか?などを実際に体験したヒモ

今回お話を聞かせていただくカマボコさんです。(明らかにアイコンはきのこだけどね、)

[prpsay img=”https://kazumune.com/wp-content/uploads/2018/09/IMG_9361.jpg” name=”カマボコさん”]

ヒモになりたくてなったわけじゃあなくて、気づいたらヒモだったんですよね。大事なのは勢いです。そう、勢い。

[/prpsay]

ヒモ生活とは

ヒモ生活とは、いわゆる男性が女性のお金で食っていけている状態です。

専業主夫とは別で、特別家事をするわけでもないのが主夫とヒモの差かもしれません。

何か定義で決められているわけではありませんので、女性が全て支払っているような状態を俗にヒモと呼ぶようです。

 

単刀直入に、ヒモ生活って楽しいんですか?

 

[prpsay img=”https://kazumune.com/wp-content/uploads/2018/09/IMG_9361.jpg” name=”カマボコさん”]

ヒモ生活は楽しいですよ!楽しまないタイプのヒモもいますけど、僕の場合は楽しむ派ですねえ。

[/prpsay]

 

どんな感じで楽しいんですか?

ーー楽しいって感じたことはないです。

ヒモってどんな感じ何ですか?と聞かれると非常に困ります。仕事と同じで、相手に対して与えているものがあるから代わりに住居や金銭を受け取っているって感じです。

需要と供給のマッチングなので、いわば完全に仕事何ですよ。仕事に楽しさ求めている人もいるけど、別に作業的なもんで楽しいかどうかを気にしない人もいますよね。僕もそんな感じです。

だからどっちでもない。

[tensen]

なるほど。なぜヒモになろうと思ったんですか?

ーーヒモになろう!と決めてなったんじゃないんですよね。

自然となっていたんですよ。相手が喜ぶことをしていたら、自然とうちにすみなよーって、んで好きなもの買ってあげるよーって、そんな感じです。

[tensen]

いつからヒモを始めたのですか?

ーー23からなので、4年目ですね。笑

まあ、始めたっていうと、起業みたいでなんかかっこいいですね。笑

自然とヒモになって相手がいろいろと支払ってくれるような状態になったのは23歳くらいからでした。4年も経つと違和感というか罪悪感も全くありませんよ。

[tensen]

ヒモ生活の1日のスケジュールってどんな感じなんですか?

ーーんーテキトーですね。笑

1日のスケジュール
10:00 起床
12:00 自由
13:00
14:00〜19:00 自由
19:00 お夕寝
20:00 ご飯、相手の話を聞く
22:00 自由
2:00 寝る

いや、めっちゃ自由だな。笑、てか本当にテキトーだな。

[tensen]

体の関係ってやっぱりありますよね?

ーー人によります。ない人は一切ないですよ。

これ話すと嘘だーて言われるんですけど、本当にない人はないです。男女だからそこがないと成立しないと思っている世間の狭さがすでにヒモ力0ですね。(ドヤア)

[tensen]

ここまでのまとめ

[list class=”li-chevron”]

  • ヒモはなろうと思ってなったんじゃない
  • 自然となっているもの
  • 楽しいとか楽しくないとかどうでもいい
  • ちなみにヒモ生活4年目
  • 1日のスケジュールはテキトー
  • 体の関係はない人もいる

[/list]

ヒモ生活は簡単じゃない

[prpsay img=”https://kazumune.com/wp-content/uploads/2018/09/IMG_9361.jpg” name=”カマボコさん”]

ヒモ生活も簡単じゃあありませんよ。

[/prpsay]

ーー世間的にはクソだ!とか言われることもありますけど、じゃあお前やってみろよ。って思いますね。笑

シンプルにあっちがやしなえる余裕があってこっちが精神的に支えてあげている状態なんだから、周りがとやかく言うことじゃないんですけどね。そうい人は「ああ、ただ羨ましい、純粋に自分が同じことできないからひがんでいるんだなーっ」ってかわいそうになります。

ホストって来るお客さんをお姫様として扱ってお金をいただくじゃないですか?キャバクラは疑似恋愛ですよね。承認欲求を満たすみたいな。精神病なんかのカウンセリングはただ話を聞きますよね。でそれでお金をもらっているじゃないですか?たまたま僕はそれが「仕事の報酬」として受け取るんじゃなくて、住居だったり、食べ物だったり、モノだったりしただけですね。わかるかな?

[tensen]

なんとなくわかる気もしますね。確かに私はできませんからねえ。やっぱり世間的には風当たり厳しかったんですか?

[tensen]

ーーそうですね。周りの友達には批判しか受けませんよ。なので、自分から言うこともしないし、言われてもだんだんどうでもよくなります。まあだってできない人たちだし。

[tensen]

かなり上からなんですね。笑

[tensen]

ーー嘘!上からなってました?笑

 

(気づいてないのか)

ここまでのまとめ

[list class=”li-chevron”]

  • ヒモと言う立場は仕事の報酬と同じ
  • 文句言うやつはできないだけ
  • 自然とヒモは上からなやつが多い(偏見です)

[/list]

ヒモになるためにはどうする?

ヒモになろうと思ってなったわけじゃないと思うのですが、ヒモになるためにはどうすればいいですか?

ーー強いて言うなら夢を持つことですね。没頭する何かを持たないと。

ーーヒモになりたい!って思っている人は難しいんじゃないですか?人って天邪鬼な生き物だと思っているんで、金欲しい!っていう人だとお金あげたくなくなりますよね。逆に金なんていらない、と好きなこと、自分の夢を追っている人に希望を感じてお金を払う人って多いと思うんですよね。

[tensen]

何かに没頭しているとヒモになれるんですか?

ーーバカでしょ。笑、そもそも出会いがないと無理だよ、前提として。

ーー何かに没頭として夢に打ち込んでいる人に対しては甘くなるってのは心理学でも証明できると思う。調べてみるとわかるけど、認知的不協和っていう現象がまさにソレ。だから夢は重要。

でもそもそも出会いがなければ応援したいと思ってもらうこともできないから、会わないとね。

[tensen]

どこで出会いを増やしたんですか?

ーーどんな人と出会いたいかによる、集まる場所にいればいる

ーーどんな属性の人に出会いたいかによります。例えばですが、マダムと出会いたいなら相応のお店で働くとか、政治家のパーティーに参加するとかいろいろとある。起業のそれなりの管理職と出会いたいなら、目黒にあるバーや飲み屋で働くとか、狙いたい人たちが行くであろう場所に行けばいいです。

僕の場合は政治家のセミナーでしたね。他にも通常の100人規模のパーティーに行けば1人は見つけられますよ。

[tensen]

ここまでのまとめ

[list class=”li-chevron”]

  • ヒモになりたければ夢を持つ
  • 出会いを増やす
  • 養ってほしい人がいきそうな場所で働く、足を運ぶ

[/list]

ヒモになった上での気をつける点

 

なんとなくわかってきたので、ヒモになりたい人に向けてここは気をつけろ!とかがあれば教えてください。

 

結構あるので重要な点だけ言います。

ーー超重要なのが一貫性を持つこと、これは絶対ですね。ようはヒモになる人ってどうしようもない自信過剰な人が多いんですよ。俺といたら幸せだろ?みたいな。そんなやつが急に真面目に俺といたら大変だよねえ。とか行って働き出したりすると、これは困った事件です。

だって相手と違う土俵にいたから相手は満足していたのに、自らで同じ土俵に行ったらもうフルボッコですよね。そこがみんなミスる点です。弱気にならずに俺は俺だああああああああ!とずっといることです。それが無理ならヒモは無理です。

あとは、相手にしてもらっている感が強い人はヒモに向いていないからやめたほうがいいです。罪悪感が少しでもあるなら、その弱みにつけこまれて離れられなくなる可能性があります。なので罪悪感があるならヒモなんてならないほうがいいです。

[tensen]

ここまでのまとめ

[list class=”li-chevron”]

  • 一貫性を持つこと
  • 無駄な自信を絶やさない
  • 罪悪感があるならすぐにやめる

[/list]

まとめ

ヒモで生活をする人の実態が少し見えました。

[box class=”box29″ title=”まとめ”] [list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]

  1. ヒモはうんこ
  2. 無駄な自信
  3. 何かとドヤア
  4. なんか持論に説得力がすげえ
  5. でも好きになれない
  6. けど一周回ってエンタメ
  7. 多分それが良い

[/list] [/box]

(やべ、全然まとめになってないね。)

でも感じたことは、ヒモで生活している人は、総じて「飽きさせない面白さ」があるな。と思いました。

つまらない男といてお金を払ってもらうくらいなら、お金を払っても面白い男と痛いという女性は今後も増えるかもしれません。

そう考えさせられた一件でした。

 

てか、普通に就職できそうなんですけどね。笑、しないんですか?

 

[prpsay img=”https://kazumune.com/wp-content/uploads/2018/09/IMG_9361.jpg” name=”カマボコさん”]

まあ、僕には、大事なヒモ活があるので。笑

[/prpsay]

なるほど。新しい生き方です。

グッバイ1009ー!

佐藤

佐藤

クジャクは雑食で人間すらも食べると言いますね。ですが、姿かたちは美しい。私もそんな人間でありたい。(どういうことだろう。)

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です