メルペイ登録だけで1000円GET

googleアルゴリズムアップデートの影響、ブロガーの今後の未来と対策

アップデート

12月にグーグルのアルゴリズムがアップデートされました。

MEMO

アルゴリズムとは

簡単に言うと、決められたルールと思って大丈夫だと思っています。いろんなルールがシステマチックに決められていて、そのルールに従って、検索の順位が決められることから、「検索アルゴリズム」だなんて言われたりしています。

2017年12月のアップデートは健康ジャンルに大きな影響を与えたことから健康アップデートと呼ばれていますが、どんな影響を受けたのでしょうか。

またブロガーやアフィリエイターとしては今後どんな未来が待っていて、対策をしていけば良いのかまでを仮説から考えてみました。

健康アップデートの馴れ初め

今回のアップデートが騒がれているようですが、アップデートは毎回騒がれているのだそうです。

グーグルとしても検索意図にあったページを表示したいわけですから、当然アップデートをします。

毎日の検索で僕らの行動をすべてデータベースに管理しているのですから、改善の余地は無限大にあるのだと思います。

例えば、とあるキーワードでグーグル検索をします。1ページ目の上からABCD〜、と並んでいると仮定しましょう。

Aというサイトを見たのにもかかわらず、Bというサイトを見る、そしてCというサイトを見るという一連の動きは一見おかしくないです。

ですが、この動きを多くの人がすれば意味することは何でしょうか。

検索したキーワードに対して答えている、ようは満足させているページではないと捉えられることもあります。

Googleはユーザーの満足度をあげたがっています。

一例にあげましたが、こう言ったユーザーの満足度を上げるための改善の余地を毎日研究しているgoogleですから、今後もアップデートは確実に訪れますし、避けられない動きということになります。

さて、話は本題に戻りますが、健康アップデートはなぜ起きたのか。

それは、検索をしたことがある人は分かる通り、「情報のノイズ化」だと思っています。

MEMO

情報のノイズ化とは、僕が勝手に名付けているのですが、すなわち、求めている情報に対してのQはないわけではないが、専門家でもない人がまとめたテキトーな記事。であったり、テキトーではないが、出典元の明記もなくて「誰が言った」「誰が体験した」記事なのかがわからなく、嘘か本当かが不明確な記事たちのことです。

健康ジャンルは、DNAのウェルク問題しかり、問題が多発したこともあり、今回は日本の検索のみアップデートがはかられたそうです。

専門家でも医師免許を持っている人でもない人が、症状に対して答えたり、間違った対処法を教えている記事が危ない、危険、ユーザーにとって満足度が低いと判断したってことですね。

実際にアップデート前の上位サイトはどうだった?

実際にアップデート前の検索が危なかったのか?と問われれば、個人的には、答えは「どちらでもない!けど確かに危ないものもあった!」って感じですね。

誰が言っているんだよ、この対処法は。と思ってしまうような記事も盛りだくさんでしたが、中には、体験した人にしかわからない対処法もありました。

健康アップデートで順位は変わったのか

はっきり申します!

めっちゃくちゃ変わりました!w

凄まじい、めまぐるしく変わりました。おそらく変化に気づかない方は、健康系をハナからあげていない方々だと思います。

大きなメディアで行ったら、平均順位が20位以上落ちたメディアもあります。

僕が関わっているメディアは大きく順位を上げて、1位になりました。2000字程度の文字数で、本来であれば、1位を取るボリュームなのかな?とも疑問に思うような文字数でした。

※コンプライアンス的に、会社名は伏せて話しています。

ブロガーも落ちた

ブロガーは全体的に落ちたと言われています。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/for-more-reliable-health-search.html

Google公式のアップデートに関する記事に対して、コメントでブロガーが打撃を受けたのかが想像できます。

なぜ落ちたのか?落ちた要因は

なぜ落ちたのかと僕も考えました。

SEOのメディアであったり、ブロガー、アフィリエイターは、

「専門性の記事」が上がったと言います。

専門性か…

と僕はここで行き詰まりました。どこか腑に落ちません。

専門家って基準なんやねーん!www

専門性の定義が曖昧だからです。とはいえグーグルが専門性に対しての発言をすれば不正する人が現れるためにしないであろうし、仮説を立てて考えるほかありません。

落ちた要因として、考えられるものを一つずつ潰していきます。順位が下がったサイトを見ていて感じたことを挙げていきます。

  1. 医師監修していなかった
  2. 専門用語が足りていなかった
  3. 共起語がなかった
  4. サイトの全体数に対して健康系の割合が少なかった

などですかね。

医師監修していなかった

医師監修していない記事は確かに落ちた可能性があります。ただ医師監修をしていた記事も落ちたために、要因の一つかもしれませんが、これが大きく影響を及ぼすとは考え難いです。

専門用語が足りていなかった

グーグルから公式で、専門用語ではなくて、患者さんとしてくる方々が使う言葉で分かりやすくコンテンツ提供をするように呼びかけられています。

となると、専門用語が使われている、いないはあまり関係がないと言えます。

共起語がなかった

医療系の記事では、使われている共起語がなかった。共起語はSEOに関係しているとは思いますが、使っていても落ちていることからこれも大きく影響するとは考え難いです。

サイトの全体数に対して健康系の割合が少なかった

サイトの全体数に対しての健康系の記事が少ないというのは、可能性としてあるかもしれません。要因の一つでしょう。ですが、特化して健康系だけをあげていたメディアも落ちています。

こうして考えていると、要因は一つではなくて、複雑に絡み合っている気がしてきます。

健康アップデート用のアルゴリズムがあるんだろうな〜。

逆に、たまたま僕が携わっている会社は大幅に順位を上げたので、なぜあげたのかを書いていきます。

健康アップデートで上がったサイトの特徴

健康アップデートで上がったサイトの特徴を読み取ってみました。

  1. ウィキペディアに大元の会社が載っていた
  2. 会社のURLが付いていた
  3. 医師監修はしていた
  4. 病名ではなくて症状だった
  5. 一年以上前の記事だった
  6. 出典元は全体的につけているメディアだった

が検討余地のあるポイントでした。

ウィキペディアに大元の会社が載っていた

メディアのリンクから運営元の会社がどこだかはわかりますが、その会社が「.co.jp」を持っていて、かつウィキペディアに載っていました。

ウィキペディアは民間で編集できるデータベースなので、参照するとは考えづらいですが、可能性の一つとしてはあります。

急激に落ちていた強豪の会社では、ウィキペディアに会社名が載っていなかったので、仮説としてあるのかもなー?程度に思いました。

会社のURLが付いていた

当たり前ですが、どこが運営をしているのかの運営元会社URLは付けてありました。

医師監修はしていた

医師監修はしていました。

ですが、医師監修プロフィールに細かく病院のことを書いているわけでもないので、医師監修とつけてしまって、架空の医師を書くことも正直個人ではできてしまいます。

なので、医師監修という文字があるかどうかは、関係ないと思っています。

病名ではなくて症状だった

直接病名ではなくて、症状のキーワードでは長く見られている記事でした。

病名検索ではアップデート後一位ではなかったものの、別キーワードの症状で一位を取っていてアクセスが伸びてから、病名でも一位に浮上しました。

一年以上前の記事だった

オールドドメイン(古いドメイン)かどうかは関係がないと言われていますが、一年以上前のものでした。

ですが、他社サイトは一年以上前の記事でも落ちていました。

出典元は全体的につけているメディアだった

出典元の明記、リンクは厳守してつけているサイトでした。

なので、根拠がどこから発生しているのかははっきりしているサイトではありました。

整理してみる

整理してみます。

健康記事に必要ありそうなもの

  • 医師監修
  • 共起語
  • ある程度の記事数
  • 会社ドメイン
  • 会社URL
  • 会社の信頼
  • 健康をテーマにした記事の充実(割合というよりか数?)

健康記事にあったほうがいいかも?

  • 専門用語
  • アクセス数と滞在時間
  • 別キーワードでの一位

になるかな!

アップデート後の順位では多くのキーワードで直接病院や医師免許を持った方々のサイト、自治体などのサイトが一位に上がってきたわけです。

全てを満たしてはいませんが、医者が関わっていて、会社のドメインも持っていて、ローカルビジネスにも、「病院」で登録をされているという点では、他メディアが満たしている要因に近いのかな?とも思いました。

さて、全体打撃の話をしましたが、ブロガーには関係あるのでしょうか?ブロガーの対策を考えます。

健康系記事をかいてあるブロガーの対策

健康系記事をかいてあるブロガーは、上記で挙げた要因を満たせる人は少ないと思います。

個人でやっていますし、1記事1記事で医師を監修につけるというのは、やってみればわかりますが、狭き門です。

ともなれば、なすすべはないのか、自分がした体験を同じような人に届けるすべはもうないのか…

違います!

僕が個人的に調べた結果ですが、ロングテール、つまりはニッチなキーワード検索ではまだまだ個人のブログがでています。

  • 熱中症 3歳 薬 飲みやすい ゼリー

など細かいキーワードでは個人のブログで1ページ目表示が多いようです。

ニッチなユーザーをターゲットに一部コンテンツを作る、もしくはその一部に向けて充実したコンテンツを作るのが対策と言えます。

音声検索対策をする

もしくは、googleが公式にあげていますが、音声検索が2020年までに50%を超える人数が使うと予想されています。

音声検索最適化未来のSEO対策、音声検索最適化しないと損、検索順位は大きく変わる?

なので、今あるコンテンツを音声に対応させます。

具体的には、話し言葉と同一キーワードになるように文章を書いたり、話し言葉ではなんというかを想像して書きます。

今までは、「単語 単語」で検索していたのが、

OKGoogleから始まり「○○駅で美味しいイタリアンでワインが美味しいお店」などに変わっていくわけですから、同様に健康キーワードも具体的な内容を書いていくべきなんでしょうね。

ともあれ、すでに長くアフィリエイトやブログをやられている方々は僕が今言ったことは当たり前にやられていて、具体的に書いている方が多いようです。

気をつけるべきは、僕のような初心者なのかな?と思います。

次に健康ジャンルとは関係ないブロガーは影響がないのか?についてです。

健康系以外のブロガー、アフィリエイターも影響がある

全員関係はないのではないのか?

と思う方もいるでしょうが、僕は違うと思っています。

なぜかというといわばこれは「テスト」の可能性もあるからです。

健康アップデートでうまくユーザーが満たされるとなれば、他のキーワードでも実行されるでしょう。たとえば、金融であったり、子育てジャンルであったりです。今ある仮想通貨も十分に可能性があります。

なんせ「危険」は儲けの出どころですし、すべての資格ではないですが、資格という天下りビジネスの肥やしになり得るからです。

その際にブロガーやアフィリエイターは、専門家である人もいれば、ほとんどの人が専門家ではない場合が多いので、急激な順位低下が予測できます。

(まあ、子育てや金融のプロとはなんなのか?とも言えるので、なさそうだけど、僕が決めることじゃない、そして大局が動けば世界など一瞬で変わる。それが仮装通貨で身にしみたはず。)

健康系以外のブロガー、アフィリエイターの対策

ですが、僕はここでふと思いました。メディアや専門家ではなくて、一般の人の口コミや記事が見たい人もいるはずだ。

現に仮想通貨ブームと比例して、「仮想通貨 ブログ」というキーワードも急上昇キーワードとなりました。

調べてみると、健康キーワードでも一部キーワードは、紐付いてブログというキーワードが多いものもありました。(これはまだ月日が経っていないので確定ではない)

メディアに対して信じる人と、メディアは信じないという人は一定層いると思うので、信じない人が検索したくなるキーワードを盛り込みコンテンツをつくる、「口コミ、レビュー、体験談」などですね。

他に今すぐにできることとすれば、ブログのタイトル、ディスクリプションに「ブログ」というキーワードをちゃんと入れて、メディアなのかブログなのかをはっきりとさせておく。

いわば、ブログかどうかは、資格に近いものになり、これは個人の感想なのか、メディアという集合体として作られたものなのかがはっきりしていた方が望ましいと思います。

そして、一番大事なのは、個を前面に出す。

個を出す理由はシンプルで、「どんな人が言ったのか」が皆気になるからです。個人では、専門家ではなくとも、個人のプロフィール、バックボーンが免許、資格と同じ役割をします。

「あーこの人の言うことなら信じられるな」

と思ってもらうには、自分をさらけ出して、よりリアルの人間から聞いている感を出していかなければならない、というわけですね。

MEMO
  1. 口コミ、レビュー、体験談とちゃんと書く
  2. タイトル、ディスクリプションにブログと入れる
  3. 個を全面的に出す

できるブロガー、アフィリエイターはすでにやっていた

ブロガーとして、イケダハヤトさんがすごく好きで、記事を見ているのですが、彼のどこかの記事で個人の時代になるというのを言っていたのをふと思い出しました。

他にも、参考にしているブロガーさんやアフィリエイターさんは、個を前面に押し出して、自分という信頼価値のあるメディアの確率をしていたんですねえ。

僕がここまで考えて対策を練ったのってバカみたい!w

というわけで、

「先人の知恵を借りよ、んでもって言うことは聞こう(反省)」

を身をもって学びました!w(なにその落ち)

まとめ

健康アップデートによる、メディア、ブログ、アフィリエイトへの影響と変化から、今後の対策方法を考えてみました。

アップデートに怯えるのではなくて、悪いことはしない!自分を出していく!さえ積み重ねれば遠回りかもしれないけど、確実に読んでくれる人は増えていくんだな〜と思いました。

これからもがんばります!

読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です