無料で読める!おすすめ漫画アプリ

亜獣譚(あじゅうたん)の最終回、アキミアとソウはどうなったのか

亜獣譚の最終話

なまめかしい人間模様を描き、漫画の枠をこえる想像力を掻き立ててくれる漫画、亜獣譚(あじゅうたん)が2019年最終回を迎えました。

死にかけのアキミアと、ソウはどうなったのだろうか。

あのまま死んでしまったのか、最終回を振り返り、感想をただ述べます。笑

※ネタバレが入ってしまうので、苦手な人は見ないように

ラビンナック大統領とツユボネ大統領は死亡

わかっていたことですが、ラビンナック大統領とツユボネ大統領は死亡しました。

それが意味するものは多くはありません。

国とは、誰かが死んでも替えがいれば機能していきます。良くも悪くもシステムとはそういうものです。

2人がいなくなったところで、第二のラビンナックとツユボネが出てくることでしょう。

ウェーヌは前進をしています。

ウェーヌは学界で害獣病について発表

ウェーヌは害獣病についての研究者としての道を歩みます。

ニンダ?(耳を移植して害獣病になって去勢した人)はウェーヌのもとで働くことに決まり、

もう片方のエンリは駆除隊に入るそうです。

チルに会えるかも、と。

アキミアは長く生き、ソウと過ごした

アキミアは死ぬかもしれない描写がありましたが、

二人は結局60年も生きたそうです。

ソウさんの顔がうつらずに後姿だけで進むのが秀逸。

そして、骨を燃やし、遺骨を抱き、過ごすソウさんがうつっているために、アキミアはやはり害獣ではなかったようです。

『でも結局60年も付き合ってくれたわ。それも楽しいことばかりして…本当子共、天邪鬼よね』

とソウが言っています。

2人は仲良く暮らしたのでしょう。生きてしまって、呪縛から解放されて、お互いに好き勝手に生きたのでしょう。

何をしたのかは想像できないし、アキミアが犯した罪をすっかり忘れて爽快に生きたのか?と問われれば多分ちがうでしょう。

はばかりつつも、そんなアキミアをソウは愛し、互いを必要としあう関係に名前をつけ、二人で歩んだことでしょう。

とても良い終わり方でした!

次回の江野スミさんの作品が楽しみでやんす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です