コインチェック事件!NEM(ネム)が盗まれる、ネットが騒ぐ理由は?

4 min 9 views
ネットが騒ぐ理由

コインチェックNEM(ネム)が盗まれたということで、非常にどこもかしこもNEMネタで持ちきりのようで、世の中の人って、ああ単純だな。と思うわけでありまして、なぜここまで騒がれているかを考察していきます。

コインチェック事件とは

コインチェックが扱っている仮想通貨NEM(ネム)が、ハッキングにより盗まれた事件です。

暗号通貨やブロックチェーンについてや、盗まれた理由については概要はわかりますが、深いことは言えませんし、僕の考えではなくて他人の考えのまとめになってしまうので、ノーコメント!

なぜここまで騒がれているのか

なぜここまで騒がれているのか、疑問に思う人もいるでしょう。僕もそのうちの一人ではありますが、理由を何個か上げていきます。

  • メディアのPV確保のために記事になる
  • トレンドを扱うITメディアは取り扱っていないと古いと思われるから記事にする
  • ブロガーもこぞってPV確保のために記事にする
  • 株式と違い資産運用リテラシーが低い一般人が騒いでいる
  • 自分ごとの人が多いから

ですかねえ。

一個一個解説をしていきます。

メディアのPV確保のために記事になる

メディアはマスコミを含め、ウェブ上のメディアもですが、これだけ大きく取り上げられたニュースで、かつ被害者はネットリテラシーがある人たちなので、そりゃあネットで調べ物をします。

PV欲しさに記事も書きますよねえ〜。

トレンドを扱うITメディアは取り扱っていないと古いと思われるから記事にする

トレンドを扱うITメディアはコインチェック事件が起きたのに、何もせずにいると、ユーザーの中には、あれ?ここITメディアなのに、最新の情報に疎いのか、古いのか考えかたが思われ可能性があります。

これは他のメディアもそうですし、僕がメディアで編集をしているときにも、ある程度トレンドのものはあげないといけませんでしたので、わかる。

ブロガーがこぞってPV確保のために記事にする

ニュースから拾って記事にしている人は多いと思います。

  • コインチェック 犯人
  • コインチェック 誰
  • コインチェック いくら

とか

記事にしやすいですし、アクセスもあるので、上がってきやすい記事なんだと思います。

僕も書いてみようかな。

情報って生物(ナマモノ)なので、急激にアクセス数が増えて、急激に下がること間違いなしなのですが、目の前のこのネタにどうしても食いつかないといけない人は食いつくべきでしょう。

そうでもない人は、どうせ上げても下がるのであれば、わざわざ他と同じような情報をとりあげたところで、本当の意味でなくていい記事なので、上げなくていいかと。

そもそも、金融関係者や仮想通貨に1000万投資していますくらいの人じゃないと、コメントしても面白くない、仮想通貨の始め方系や仮想通貨で何がいいかとかの専門ブログはほとんどがまとめ記事で内容が浅く広くに感じる(そうではないものもあるでしょうが)

株式と違い資産運用リテラシーが低い一般人が騒いでいる

株式会社で株が暴落したとなれば、経済ニュースに上がって一部がてんやわんやしていても、一般消費者がそこまで騒ぐことはないでしょう。

が、しかし、投資というものが広く当たり前になって、株式と違い、予測を立てるというよりかは、買えば「勝てそう」「儲かりそう」という理由から電車の隣の人が携帯で仮想通貨の相場を見ている時代になりました。

ですが、一方で予測をしないということは、それだけ「慎重」ではないんですねえ。

慎重に行く人は慎重にいきますが、もしダメでも、ダメなことを考えて行動する人もいますし、冷静に取り返す方法を探すでしょうし、最終的に「投資」は自己責任であることがわかっていると思うので、「とりあえず儲かりそうだから、やった」ので、「とりあえず、ムカつくから騒いだ」人が圧倒的に多いと思っています。

あくまでも激しく主観ですがね。

だって、仮想通過に投資をしていても、仮想通貨の仕組みやブロックチェーンについて、この先どうなっていくのかなどを語れないのに投資しているんでしょ?笑

MLMに勢いよく入るのと同じですね。

そもそも、商品購入や投資は、資本を増やす目的でやっているお金好き、お金増やし趣味の方もいますが、「企業の支援、人の支援」ですよ。

つまりは、サービスがもっと良くなるように、ものづくりが順調に進むように、のためにやるものです。

何をしているかわからないのに、預けた人はまずその原因に気付かなければ、また同じことをどこかで起こすでしょうね。

騒ぐほどの資産を投資するなよ、まず。ってことに気づけ。

基本的な投資の考え方を少しは理解しておいたほうがいい。

基本的な考え方として、お金は

  • 作る
  • 増やす
  • 守る

であって、増やすの手段で仮想通貨は爆発的でしたでしょうが、あまりにも不安定なので、作るのが上手であって、他に回すはずのお金、余剰金を投資するならまだしも。

無理に投資するからこんなことになるのではないかと思う。

自分ごとの人が多いから

リテラシーが広く低いというのは、僕も含めて確かに、と思いますが。

今回自分ごとである人が多かったですね。一般消費者が仮想通貨を買っている人が多いので、被害にあった人はもちろん自分ごとですが、被害に遭っていない人も自分ごとで考えた事件だったでしょう。

他人がどうなったとしても、気には止めない国ですが、自分ごととなれば、慌ててくれる国でもあります。

シンプル!

つまりは

つまりは、世間が騒ぎ立てるのは、自分ごともありますが、なんか騒いでるのが好きなんだろうというのが結論でした。

叩かれることでは騒がないが、叩けるものがあれば叩く。

それが実情です。

たかが500億円で驚くなかれ

今回500億円が盗まれたのか!と驚いた人は、この機会にお金について少しは知れたかと思う。

なので、ぜひとも日本が第二次世界大戦で負けて敗戦国となってからアメリアへ支払った金額を見てみるがよし。

そして毎年日本がアメリカに支払っている金額も見てみるがよし。

それらは僕らのどこから出ているのかを考えてみるがよい。

気づかないところで、取られている額は大きいぞ〜?

老若男女の国民全員から1円を貰えば1億円だが?インフラの代金や税金、給料が働いているのに、低いなど?おかしい点はいっぱいあると思わないのか?

だが、声を大にしては言わないんですねえ。

周りの目を気にして、結局僕ら日本人は、問題が起きてもニュースになったり、大多数が叩いているときにしか、正論を言えない弱い国民になってしまったのである。

でも、これは誰のせいって誰のせいでもない、事実なってしまったことに僕らのせいというのはちゃんちゃら、おかしい、もしも上の世代が言ってきたら言ってやればいい、じゃあインスタグラムを使えますか?って。

僕らの世代の当たり前と、昔の当たり前は違うんだから比べるのは、頭が弱すぎる、カスい。

だから気にしないこと。

まずは隣の人に、現状を教えてあげよう。決して過激派っぽく興奮はしてはいけないし、宗教チックな話もしてはいけない。

人は、いや、日本人の特性なのかもしれないが、自分がいる今の場所が一番安心するので、そこが脅かされるとなると、自分が動く前に、相手を徹底的に疑う。

なので、徐々に徐々に情報を教えてあげて刷り込んでいくことを勧めます。w

話の論点ずれたな〜。

と、いうわけで

今回はコインチェックで騒ぐ理由についてを勝手に考察をしました。

知らないものには手を出さない、知らない人にはついていかない。今回は改めてそう思った次第でありました。

読んでいただきありがとうございます〜。

佐藤

佐藤

クジャクは雑食で人間すらも食べると言いますね。ですが、姿かたちは美しい。私もそんな人間でありたい。(どういうことだろう。)

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です