隠居がしたいにブログ名が変わりました。涙

ちょっと待て!賃貸の壁紙、画鋲はよくてもネジはダメ?後悔する前に

画鋲はよくてもネジはダメ

賃貸のお部屋での一人暮らしを始めたけれど、壁紙に画鋲(がびょう)は刺していいのかと気になりますよね?

確かに刺して良さそうなきもするけど、後からクリーニング費用、退去費用が多くかかってしまったらいやだ…

どれくらいの穴ならいいのか?調べてみました。

賃貸の壁紙は画鋲サイズは基本OK

賃貸の壁紙には画鋲サイズであれば、基本は開けても問題ありません。

つまりは、OK!です。

ただし!穴の大きさにもよりますし、経年劣化と捉えられなければなりませんので、過度に穴を開けまくってしまえば、自費負担になる可能性もあります。


経年劣化とは、

住んでいて、仕方のない汚れ、どうしてもついてしまう汚れや傷のことをいいます。

例えば、

日光によってフローリングの色が変わってしまった。

冷蔵庫の裏の壁紙が焦げてしまった。

カレンダーをさすために画鋲を刺した。

などです。


部屋を退去するときには、基本原状回復義務というのがあり、元あった部屋の姿にして返さなければなりません。

借りたものだから、借りた状態にして返しましょうね。というわけです。

 

ですが、自分が故意に汚してしまった汚れは自分が悪いけども。

自然とついた汚れは、仕方がない!と思いますよね?

 

なので、経年劣化でできた汚れは自分ではなく、貸主(オーナー)負担となっているんです。

画鋲はよくても、ネジはダメ

画鋲は刺してよくても、ネジがダメなケースは多いです。

 

理由は簡単、
ネジは穴が大きいのです。笑

 

画鋲は本当に小さな穴しかあきませんが、ネジ穴は大きく、壁紙を張り替えなければいけない穴です。

DIYで何か壁に装飾をするときに、ネジを使うときは覚悟しましょう。

ネジ穴でも壁紙を張り替えないレベルでの小さな穴はよし!とされていますが、果たしてその大きさがどれくらいなのかはクリーニングの会社、管理会社によってまちまちじゃあないのか…

と思ってしまってなりません。笑

 

他にも自費負担になる、ダメな傷や汚れ

大きなネジ穴だけでなく、他にも自費負担になるであろう汚れがあります。

 

落書き

タバコのヤニ汚れ

ペットの糞尿

窓ガラスのヒビ

 

などなど。明らかに、故意だと思われてしまう汚れや傷は全ていけません。

自分では気付いていなくても、部屋を出るときに、敷金が戻ってこないどころか、もっと請求されてしまった!

そんな悲劇があるかもしれない…住見始める前に注意しておきましょうね♪( ´▽`)

まとめ

賃貸の壁紙には画鋲はいいけど、ネジはダメ!というお話でした。

原状回復義務があるために、経年劣化の汚れはいいですが、故意につけてしまった汚れや傷はいけません。

退去するときに、余計な請求をされないためにも、借りたものは綺麗に使いましょう( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です