読まれない!ブログ初心者が見落としガチな初歩的で大事な3つのこと

ブログ初心者だからといって記事が読まれないと思ったら大間違いです。

読みやすい文章であれば読まれないということはなく、むしろ普段から日本語で話をしてきているわけですから、書きなれていないだけです。

初めから読まれる、読みやすい記事を書くのは敷居が高いかもしれませんが、書き終えてからするといい3つのことができれば、ある程度のクオリティは担保できると思います。

逆に激しく読みづらい記事や読まれない記事を書いている人は書き終えてからコレらをしていないのだな、とも思っています。

面倒かもしれませんが、覚えておいて、癖付けておいて損はない、「当たり前」のことですからぜひ読んで実践してみてください。

ムネ

初めは面倒で時間がかかっても、丁寧に続けたことは間違いなく糧になるんや♪( ´θ`)ノ

ブログ初心者が見落としガチな3つ

ブログ初心者が見落としガチな3つ〜といえば何か。

個人的な見解ではありますが、

 

  • スマホで見る
  • 声に出して読む
  • 知り合いに読んでもらう

は当たり前のようで、意外と見落とすことです。

記事を書き終えたらスマホで見る

記事を書き終えたらスマホでも確認をするようにしましょう。

自分のサイトにPCが多いのか、スマホが多いのかはアナリティクスで確認ができますが、多くのサイトはスマホユーザーでしょう。

スマホでの見方はPCと比べて見てだいぶ変わります。PCでは見やすいものもスマホでは見やすかったり、右に寄っている、左に寄っているなどの問題が生じているかもしれません。

参考 URLを入力すると確認できますresizer

見やすい書き方になっているか、改行などのバランスなど、決まりはありませんが、自分が読んでもストレスがないかどうかの確認は必要です。

声に出して読んでみる

声に出して自分が書いた記事を読んでみましょう。文字を頭の中で読むのもいいですが、声に出して読んでみると違和感に気づくことが多いです。

まだ書き慣れていない人はやってみてください。意外とかたすぎて、もっと口語でもいいかな?とか感じますよ♪( ´θ`)ノ

日本語がおかしいことに気がついて凹みますが!笑

あとは論理的におかしくないかー、なども気づきがあります。

知り合いに読んでもらう

記事ができたら知り合いに読んでもらいましょう。

知り合いにブログを書いていることが知られたくないのであれば、ブログを書いていてできた知りたいとか、自分の奥さん、ご主人とかに読んでもらって感想を聞きましょう。

○○の意味がわからなかった、○○は直した方がいい、など辛辣なアドバイスをもらうこともあります。笑

知り合いだからこそ、ストレートに言ってもらえるので、自分が書いた記事が他人からどう見えるのかを知れます。

本を書いている人も、記事を書いている人も必要な作業なので、読んでくれる人を作っておくとよいです。

まずは7割くらいで出すといい

コツとは別ですが、記事は完璧を求めずにまずは7割くらいで出すのがいいです。

ムネ

完全に個人差がありますけどね!120%で出す人もいっぱいおりますゆえ。

7割くらいの質、クオリティがどこなのか、いまいちわからない方は「書く時間」を決めて時間以内に書き終えてまずは完成としましょう。

私の場合は、やれるところまでやっているとどうしても何時間も食ってしまいます。気づくと4時間…6時間…

大した記事ではないのにそこまで時間をかけているとなると何十記事もあげることを考えると苦痛に…

時間内で決めてアップ、スマホで読んでみて、声に出して、知り合いにも読んでもらって、修正修正修正をしまくる。

最初は記事を他人に読まれることがすごく恥ずかしかったので、ブログ初心者の方であればそれくらいがちょうどいいと思います。

弱小メディアでも2回は推敲している

私自身弱小ではありますが、数百万PVのメディアにいた時に記事は推敲を2回は最低していました。

(ぶっちゃけ2回どころの騒ぎじゃあなくて、編集者がなんどもなんども見ていましたけど。笑)

自分で読んで、他人にも読んでもらって見直してもっといいものにする。でも自分で書いていると、何かに煽られるわけでもありませんので、アップにためらう。

なので、記事アップ⇨修正と言う感じでちょうどいいと思います。

まとめ

ブログ初心者が見落としがちな初歩的だけど大事なことでした。

スマホで確認⇨声に出して読んでみる⇨知り合いに読んでもらう

の一連の流れをして、反応をもらっているといつしか書きなれてくると読んでもらうこと自体が嬉しいことに気がつくはずです。

そうすると他人から見て面白い、わかりやすい記事を書こうという気持ちにもなり、執筆も捗るはずです。

プレッシャーはあるでしょうが、誰しもが0から、いつだって0から!書き続けている人も行っていることなので、初心を忘れずに確認作業をしていきましょう♪( ´θ`)ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です