メルペイ登録だけで1000円GET

グーグルアナリティクスの直帰率が異常、おかしい原因と対処法

アナリティクスデータがおかしい

グーグルアナリティクスを先日いじっていたときのことです。

アナリティクスの直帰率が異常なことに気がつきます。

以前までは60%前後を推移していたのにもかかわらず、突然の10%。

な、なぜだ!?そこまでの直帰率があれば、もっとPVが伸びててもいいはず。

というか、そこまでして直帰しない理由がわからなーい。w

調べてみると、普通に異常があるようでした!基本的に10%以下はイカれてます!治しましょう。

つうわけで、異常の原因と、対処法(治し方)でございます。

googleのアナリティクスの直帰率がおかしい

直帰率に限らず、離脱率とかもね、急に数字が変動した時は、怪しんだ方がいいです。

何したんだ!?

と。

冬なのに、30度。

夏なのに、1度。

朝なのに、カレーライス(別にそれはいいか)

数値が突然跳ねた時には、何か異常が起きているはずなのです。

まあ、いいかと思うのも自由ですが、次の日になって、飯食って外に出れば忘れるのが大変でしょう。気づいた時に原因を知り、治しておきましょう。

おかしい理由を検索して探しまくる

おかしい理由を推測、仮説、さらにGoogle検索で探します。

理由1、天才になった

多分、何らかの手法を編み出してしまって、夢遊病的な感じで、離脱率を向上させたんじゃないかな?

なし

理由2、googleがイかれた

Googleだって、超絶なアルゴリズムを持っていて、AIだって頭がいいかもしれないけれど、まだまだ人間が手動で行っていることは多いですね。何か異常があったらGoogleのせいかもしれません。

ですが、それならニュースになるはずです。ニュースになっていないということは原因は己にあります。

理由3、重複でデータの収集をしている

アナリティクスにはコードがありますね。

そのコードをWEBのどこかに貼ってユーザーデータを取得しているのですが、そのコードが重複している可能性があるんだとか。

有料テーマでも無料テーマでも、アナリティクスコードを貼る場所があります。

合わせて、直接コードをFTPなどで触り、<head></head>内に入れている場合は、重複の可能性がありますね。

特に、プラグインで、特別なアナリティクス解析プラグイン(Ultimate Google Analytics改)とか

アナリティクスデータのおかしなポイントの探し方

どこか重複がしているとわかってはいてもどこがおかしいのか、わからないものです。

そこで探す場所を限定しましょう。

  1. プラグイン
  2. テーマの編集
  3. カスタマイズ画面

きっとこの中です、この中に違いない!

みれば特殊なコードなので、すぐにわかると思います。

wordpressで設定できる箇所2つ入れていた

調べてみると、やはり、wordpressに二つつけていた。

だから重複をして、データを取得していたのかと納得

一つに戻したらなおった

アナリティクスコードを一箇所だけにして、様子を見てみます。

私は無事に治りました!

ふと胸に刺さる言葉を見つけてしまった

修正が終わったのは良いのだけども、同じくアナリティクスコードが重複をしたという人が記事を書いていたんです。

そこには、知らないおっさんがコメントをしていました。

「アクセスなんて気にするのは後からです」

なるほど!!!!!!!

確かに、ごくわずかなアクセスを気にして、アナリティクスを眺めるのは、

女性とご飯行きたいけども、一人にしか連絡をしていなくて携帯をずっと眺めて返信を気にしている男性と同じかもしれません。

まずは、仕掛ける。仕掛けまくる。それから待つ。そして試行錯誤する。そして待つ。

そうですね。私は気が早すぎたんです。ありがとう、おっさん!知らないおっさん!

(ま、気持ちが悪いから、アクセスなくても私は直すけどね!いいっしょ!)

まとめ

グーグルアナリティクスのアクセス解析データ、特に直帰率がおかしい時の原因と対処法についてでした。

原因を見つけるのが大変な方は、有識者(ネットにちょっと詳しい人)にご飯をおごって聞いてみてください。

意外と見つけたら簡単にど素人でもなおせますし、すぐに戻ります。よかった。ほっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です