メルペイ登録だけで1000円GET

アドセンスの審査は1000文字以上?ブログの文字数は多い方がいい?

文字数は?

アドセンスの審査に通るためには、

何文字くらいがいいのか?

1000文字って聞くけど?本当かな。

ブログの文字数は多ければ多いほうがいいのかな?

と悩んだことありません?

僕はーある!

書き始めた頃に思いました。

まあ、結論そんな心配をせずとも、ちゃんと書いていれば問題はなかったのですが。

というわけで、何文字くらいが適しているのか、多ければ多いほうがいいのか、考えました。

何文字くらいがいいの?

 

何文字と決められているわけではないですが、検索した人のニーズを満たすくらいの量はなければコンテンツとして成立しないんじゃないですかね?

検索キーワードが「アドセンス 審査 文字数」だったとして、

クリックした中の記事の内容が、

「おそらく1000文字以上かけばいいでしょう。」

という内容だけだったらどう思います?

少な!w

って思いますよね。

  • 答えがあって
  • 理由があって
  • 例があって
  • 答えがある

一つのQに応えようと思ったら、ものにもよるけど、500文字以上は行くと思うんですよねえ〜。

んでもって、そこまでは誰しもが書いている可能性があるわけじゃないですか。

そりゃあインターネットは成熟していますからね、気になる検索ワードに対しての答えはあると思います。

だから、そのままではオリジナルコンテンツとは言えないので、あってもなくてもいい記事というわけです。

だから、プラスアルファで自分の考えや関連して気になる事柄をつけたせば1000文字くらい行くと思っています。

逆になくてもいいだろ!ってやつはなくていいです。w

調べたいことが簡潔に書いてあるだけで、他のことは気になりません。という場合はあっても仕方があるまい。

読んでいて長ったらしくなるのは良くないみたいですね。なんだか心が痛い。w

文字数1000文字以上は本当か

 

上でも答えたけど、ものによるでしょ!

が答えだと思っています。

んだって、一つの検索に対して、深く別に知りたくないものって中にはありますから。

余計な言葉をつけて文字数を増やすのではなくて、簡潔に答えようとしたら文字数が増えてしまった。

というくらいがいいみたいですよ。

僕には到底無理そうだが。w

 

ブログの文字数は多ければ多いほうがいいの?

 

なんども言うけどものによります!

になっちゃうな。笑

 

一つのことでも、深堀ができそうなものは、長くても問題がないでしょうし、

深堀してもためにならない、面白くないものは長く書いても問題はなくても意味がないですよね。

意味がないってのは、Googleからしてみれば、問題なので、w

 

どのみち、よろしくはないコンテンツになってしまうわけです。

となると、長ければいい、文字数が多ければいい、というのは迷信になりますね〜。

文字数に迷った人へ

 

本を開いている

文字数に迷ったら、書かなくていいと思います!w

というのは、書きたくて、まとめたくて仕方がないものだけ書いてりゃいいんです。

その辺の記事を見て、並べられても、読者としては別に見たくないというか、なくてもいいというか。

 

文字数に迷うくらいなら、はなから書かない!

アドセンスの審査を気にして、文字数に迷うなんてことが今からあったら、長く続かないですよ、きっと。

 

ブログ書いている時間って孤独だし、毎日書いても結果でない人は出ないだろうし、

文字数云々気にしている暇があるなら書きまくっちゃえばいいと思っている。

それに自分の考えを伝えたいのって承認欲求の為じゃなくて、同じように感じている人、

悩んでいる人に対しての解決策を届けたいからですよね。

だとすれば、文字数云々ではなくて、

知りたいであろう情報を教えてあげるのが一番です。

それが親切なコンテンツだし、その思い出書いたコンテンツしかないのに、

NGを食らったらそれはそれでネタです。w

またそのネタを書けるでしょう。そして同じような思いをした人への助け舟になるでしょう。

そうやって、思いを情報を紡いでいけばいいなと思っています。

届けたい内容に対して簡潔に書けばいい

 

届けたい内容は人それぞれだと思いますが、

簡潔に答えだけを書くようにする、プラス関連した内容があったほうがいいよね〜自分自身もこのワードを調べた後はこっちが気になるな〜なんてのを予想しながら書き進めていけば、

見てくれた人にとってはいいコンテンツになると思います!

はじめは書くのは大変かもしれませんが、書く事自体になれるように、量を重ねてみましょう〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です